真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< #4 ガラパン繁華街 | main | #6 バンザイクリフ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
#5 ビーチロード_1
JUGEMテーマ:サイパン

Holiday in SAIPAN #5
ビーチロード_1
***** Beach Road, part 1
◆サイパン旅行2日目 5月1日(火)


ガラパンの北にあるタナパグ港から、南部のサン・アントニオまでの海岸沿いを走る、ビーチロード。サイパン2日目は、早朝6:00前から約2時間のビーチロード散歩〜ランニングでスタート


DFSギャラリアを超えた辺りにあるガソリンスタンド。よく見ると…奥に何とマクドナルド(とちっちゃいコンビニ)スタンド奥のカウンターをテナント貸しするという、斬新すぎるコラボ営業ドライブスルーの新しい形です。


ちょうど日が昇り始めた頃に通りがかった、ガラパン教会(正式名称:クライスト・ライ教会)。後光差してます

 
スペイン統治時代からず〜っとある教会(写真左)ですが、太平洋戦争で全壊してしまったのだそう。その後1987年に再建、一時期は黄色の塗装が施されていた(写真右)そうですが、06年から再び現在の白に戻されたとのこと。






ビーチ沿いに続く遊歩道=サイパンビーチパスウェイ。サイパン観光再生のため、北マリアナ政府が力を注いだという、完全バリアフリー仕様(斜面をすべて5°以下に設定)。オーシャンビューを満喫しながら、気持ちよくジョギングができます


サイパンは、グアムと並ぶリゾート地であると同時に、沖縄と並ぶ太平洋戦争の激戦地でもありました 

 
1944年6月15日、このあたり(オレアイ海岸、ランディングビーチ)から米軍が上陸、サイパン総攻撃が始まったのだそう。。


日米交戦の追悼記念碑としてトーチカ(鉄筋コンクリート製の防御陣地)の上に置かれた、旧日本軍の戦車。


これは戦争のときのものではなく、1987年に台風で命を落としたオルワイ船乗組員13名の漁師を追悼して建てられた、「13フィッシャーマンズメモリアル」。


このあと午前中に島内観光ツアーを予約していたので、そろそろホテルに戻らなければと思い、このあたりでUターン。帰りは太陽もガンガン照りつけ始め8:00頃なのにすでにめっちゃ暑かった
| 旅行 *** サイパン | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |









http://tkst1221.jugem.jp/trackback/835

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ