真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< カルチャークラブ Culture Club | main | リオン・ウェア Leon Ware >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ボーイ・ジョージ Boy George
JUGEMテーマ:洋楽好き♪
 
 今やオネエキャラの教祖的存在となった、Mr. カーマカメレオン
 ボーイ・ジョージ Boy George
---------

86年のドラッグ所持による逮捕~カルチャークラブ活動休止を経て、 87年ソロデビューを果たしたボーイ・ジョージがそのデビューシングルに選んだのは...米ソフトロックバンド"ブレッド"、72年のヒット曲「涙の想い出(Everything I Own)」。この美しすぎるメロディを携えたフォーキーなクラシックを、「Do You Really Want To Hurt Me」の奇跡よ再びとレゲエアレンジでカヴァー、見事全英1位のヒットを記録続く1stソロアルバム『Sold』もまたスマッシュヒット

その後はジーザス・ラヴズ・ユー名義の『The Martyr Mantras』[91年]でハウス化したかと思いきや、『Cheapness And Beauty』[95年]ではグラムロックに回帰したり、果ては『U Can Never B2 Straight』[02年]ではアンプラグド??...カーマカメレオンを地でいくジャンルレス(節操ナシ??)な音楽性を展開

また92年には、ペットショップボーイズのプロデュースによる「The Crying Game」(デイヴ・ベリー64年のヒット曲)[英22位/米15位]が、さらに98年には再結成カルチャークラブによる「I Just Wanna Be Loved」[英4位]がスマッシュヒット忘れた頃にきっちりヒット曲を叩き出しています。

しかしここ最近は、05年には薬物所持の罪でまたも逮捕、そして07年には出会い系サイトで知り合ったゲイ男性を監禁した罪で逮捕(禁固15ヶ月の実刑判決→4ヶ月で出所)と、本職以外で何かと世間を賑わせてしまっただけに......2012年に予定されている「カルチャークラブ2度目のリユニオン」できっちり取り返してほしいものです。

カルチャークラブとしての活動についてはコチラ
 カルチャークラブ Culture Club

---------

■ ボーイ・ジョージ ディスコグラフィー Boy George Discography



 Sold / Boy George
 1987年作品 [英29位(シルヴァー)/米145位]

Sold / I Asked For Love / Keep Me In Mind / Everything I Own / Freedom / Just Ain't Enough / Where Are You Now (When I Need You) / Little Ghost / Next Time / We've Got The Right / To Be Reborn

87年に発表された初ソロアルバム。ブラジリアンポップスな、ブレッドのカヴァーヒットぁ▲曄璽&オーツ「Maneater」直系のマイナー調モータウン(←氷室京介サンが「SEX&CRASH&ROCK’N’ROLL 」でこの曲をパクってますw)、そしてピアノをバックにシンプルに歌い上げるバラードなど、生音重視、かつヴァラエティなポップ曲満載...まさに"ひとりカルチャークラブ"なブルーアイドソウルそれもそのはず、プロデュースはシンプリーレッドのデビュー作を手がけた匠スチュワート・レヴィン。



 Tense Nervous Headache / Boy George
 1988年作品



Don't Cry / You Are My Heroin / I Go Where I Go / Girl With Combination Skin / Whisper / Something Strange Called Love / I Love You / Kipsy / Mama Never Knew / What Becomes Of The Broken Hearted? / American Boyz / Happy Family / No Clause 28

ボビーZ(ex.プリンス&ザ・レヴォリューション)がプロデューサー/ドラマーとして全面参加した、88年発表の2ndソロアルバム。先行リリースされた、"ゲイは違法"とする当時のサッチャー政権に物申すというメッセージヒップホップ[英57位、日本盤にのみボーナス収録]は、その社会的背景は我々にはよく分からないけれど、プリンス「Housequake」やジェイムス・ブラウン「Sex Machine」、果てはマイケル・ジャクソン「Wanna be Startin' Somethin'」まで挿入されるゴッタ煮感は文句ナシ 一方本編は、意外にも生音重視、しかも前作のゴージャスサウンドとは真逆の、装飾ゼロのリアルブルーアイドソウル!ボーイにとってNGワードだったはずの"ヘロイン"を意図的にタイトルに冠した△痢▲屮ぅ屮いΔ佑襯戞璽好薀ぅ鵝△燭泙蠅泙擦鵝まったく売れなかった作品ですが、もっともっと評価されてしかるべき、個人的にはベストアルバム。



 Boyfriend / Boy George
 1989年作品



Don't Take My Mind On A Trip / You Found Another Guy / Whether They Like It Or Not / I'm Not Sleeping Anymore / Lies / Big Dark Man (Waiting) / Girlfriend / No Clause 28 (Hi-Energy Mix) 

ニュージャックスウィングの立役者テディ・ライリーをアレンジャーに迎えた、89年発表の3rdアルバム。前年のボビー・ブラウンの大ブレイクを受け、早速その音を取り入れたという意味では先鋭的ですが、その分だけボーイの個性は希薄。なおアメリカでは89年、『Tense~』『Boyfriend』の2枚から選曲した『High Hat』としてリリースされました。



 The Martyr Mantras / Jesus Loves You
 1991年作品 [英69位]



Generation of love (oakenfold mix) / One on one (brydon l.p.mix) / Loves gonna let u down (popcorn mix) / After the love (ten glorious years mix) / I specialize in loneliness / No clause 28 (pascal gabriel mix) / Love hurts (l.p.mix) / Siempre te amare / Too much love / Bow down mister / Generation of love (geventies mix)

ジーザス・ラヴズ・ユー名義でリリースした、91年発表の4thアルバム。(00年代に開花する)DJボーイ・ジョージの原点ともいえる、全編ハウスサウンドで貫かれたトランスアルバム。



 Cheapness And Beauty / Boy George
 1995年作品 [英44位]



Funtime / Satan's Butterfly Ball / Sad / God Don't Hold a Grudge / Genocide Peroxide / If I Could Fly / Same Thing in Reverse / Cheapness and Beauty / Evil Is So Civilised / Your Love Is What I Am / Blindman / Unfinished Business / Il Adore / Same Thing in Reverse (acoustic) / Cheapness and Beauty (acoustic) / Funtime (RAMP Alien Spawn Club Mix)

10代の頃、グラムロックにドップリだったというジョージが、その初期衝動を再びと荒削りなロックサウンドに回帰した、95年発表の野心作。イギー・ポップのカヴァー[英45位](デヴィッド・ボウイがプロデュースしたアルバム『The Idiot』[77年]収録)をはじめ、ロック×ボーイ・ジョージって、意外と相性がいい。ギターリフが疾走するぁ▲ッコよすぎです。


 Unrecoupable One Man Bandit Vol. 1
 / Boy George
 1999年作品



GI Josephine / Mr Strange / She Was Never He / Number One / Spooky Truth / In Maya / Vanity Case / Broken Spirit / Suffragette City / Who Killed Rock N Roll

96~98年に録音された未発表曲をコンパイルしたアーカイヴ作品。前作『Cheapness~』直系のロックテイスト濃厚な楽曲と、次作『U Can Never~』を予感させるフォーキーな楽曲が混在した、両者を繋ぐ橋渡し的内容。デヴィッド・ボウイのカヴァーは、ゲイがテーマの曲だけにまさにどハマリな選曲。



 U Can Never B2 Straight / Boy George
 2002年作品



Ich Bin Kunst / St. Christopher / She Was Never He / Cheapness and Beauty / Fat Cat / If I Could Fly / Unfinished Business / Julian / Wrong / Letter to a School Friend / Deal / Losing Control / Same Thing in Reverse / Adore / Bow Down Mister / Out Of Fashion

ボーイの自叙伝的ミュージカル「Taboo」[00年](´)や前作『U Can Never~』からの楽曲(きΝЛ)を中心に、ジーザス・ラヴズ・ユー()や再結成カルチャークラブ()などをアコースティックにセルフカヴァーした企画盤。新曲(↓┃)・未発表曲()も収録。


 Ordinary Alien -The Kinky Roland Files
 / Boy George
 2011年作品



Turn 2 Dust / Yes We Can / Brand New / Amazing Grace / Don't Wanna See Myself / If I Were You / Go Your Own Way / Here Come the Girls (featuring Ave D) / Seconds (featuring Phillip Something) / After Dark / Kill the A&R / Human Racing / Look Pon U

純粋なオリジナルアルバムとしては、『Cheapness~』以来何と約15年ぶりとなる最新作。タイトルどおり、キンキー・ローランドとのコラボの集大成となる、トランスハウスアルバム。
| overseas A, B, C | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |









http://tkst1221.jugem.jp/trackback/812

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ