真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< もつ鍋博多めし 男前 [札幌] | main | 博多らーめん ばりきや [札幌] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Joe Zawinul + The Zawinul Syndicate "World Tour"


弩濤のインプロヴィゼーション、鉄壁のバンドアンサンブル
ジョー・ザヴィヌルが『8:30』超えを自認した、灼熱のライヴアルバム

WORLD TOUR
JOE ZAWINUL + THE ZAWINUL SYNDICATE
1997年発表

[disc 1] Patriots / Sunday Morning/Sunday Evening / Indiscretions / As Trabajamos / Bimoya / Zansa ll / Bona Fortuna / N'Awlins
[disc 2] Lost Tribes / Three Postcards / Slivovitz Trail / When There Was Royalty / Success / Two Lines / Caribbean Anecdotes / Carnavalito

personel: Joe Zawinul (kb,vo,p) / Victor Bailey (b) / Richard bona (b,vo) / Gary Paulson (g) / Manolo Badrena (perc,vo,nolopipe) / Paco Sery (ds,kalimba,vo)
---------

ジョー・ザヴィヌルが97年のリリース当時
ウェザーリポートの金字塔『8:30』[79年]を超えたと豪語していた
ザヴィヌル・シンジケートによる弩濤の2枚組ライヴアルバム。

あのボワ〜〜〜ッていう古臭さを超越したシンセ音とか
ウェザー解体後ますます深化させてきたアフリカ志向とか
ジョー・ザヴィヌル・ブランドがしっかり刻まれています。

そしてなによりこの作品のキモは、『8:30』を超えたとは言わないまでも
それに拮抗する鉄壁のアンサンブル 
特にヴィクター・ベイリーとリチャード・ボナ
―この2人のベースのグルーヴがめっちゃ心地良いんです。

ジャコ・パストリアス脱退後のウェザーのボトムを支えてきた
職人肌ベーシスト=ヴィクター・ベイリー
ジャコの後任ということで随分過小評価されてきた感のあるこの人ですが
手堅くも饒舌なラインで曲をグイグイ引っ張ります

そしてもう1人のベーシスト=リチャード・ボナ 
"ジャコの再来"とさえ言われる
その野太い速弾きベースで著名なスタープレイヤーですが
このツアーに参加するまではまったくの無名だった人。
ここでの驚異のプレイヤビリティで一気に脚光を浴びることとなった
いわばデビュー戦

冒頭の超絶グルーヴ「Patriots」からすでにフルテンション
ちなみにこの曲のタイトルはもちろん
湾岸戦争で有名になった"パトリオット(Patriot)"ミサイルのことなんだろうけれど
"パストリアス(Pastorius)"ともちょっとかけてるのかなぁ
曲調もジャコっぽいし

JUGEMテーマ:今聞いてるオススメの洋楽は?
| overseas J, K, L | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |









http://tkst1221.jugem.jp/trackback/689

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ