真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< セルジオ・メンデス "Bom Tempo" | main | 冷牟田竜之、スカパラ脱退の真相。 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - | pookmark |
クリーンヘッド・ギムラ Cleanhead Gimura
JUGEMテーマ:東京スカパラダイスオーケストラ


 初期スカパラを牽引した、"ヴァイブレーション"担当
 クリーンヘッド・ギムラ
 Cleanhead Gimura
 
●本名:杉村英詩(エイジ) ●パート:ブルース, におい, きもち, mood, groove, vibration, FANTASY, energy ●生年月日:1962年6月11日(〜95年4月23日死去・享年32) ●出身地:東京都 ●血液型:O型 ●尊敬するミュージシャン:マイルス・デイヴィス、フランク・ザッパ、キャプテン・ビーフハート、ボビー・マクファーレン
東京スカパラダイスオーケストラ"GRAND PRIX"[95]より

---------

ギムラサンが東京スカパラダイスオーケストラに加入したのは87年12月、トランペット担当としてでした。そして翌88年からはヴォーカルも兼任(のちに専任)、以降スカパラのフロントマンとして強烈な存在感を放ち続けます。

90年4月にシングル「MONSTER ROCK」・5月にアルバム『スカパラ登場』を発表、メジャーデビューを果たしたスカパラ。アルバムがチャート10位を獲得するというまさかのヒットを遂げた直後の同年6月、なんとギムラサンは突然渡米 しばらくの間スカパラはギムラサン抜きで活動することになります(〜10月復帰)。ギムラサン曰く「NYでは修業をしていた」のだそうですが、真相は不明。デビューして早速売れたバンドのフロントマンが突如休業・渡米って…破天荒すぎです

ギムラは帰ってきたら、あのキャラクターができあがってた
すごい研ぎ澄まされて帰ってきましたよね

――― 冷牟田竜之

この人の規格外な濃いキャラは、ブルース, におい, groove, vibration...といった謎のパート表記からも窺い知ることができますが、そんなギムラサンによるヴォーカル曲がはじめて収録されたのは、90年のデビューアルバム『スカパラ登場』。スリーディグリーズのメイド・イン・ジャパンシングル「にがい涙(詞:安井かずみ/曲:筒見京平)。なお、97年発表のベストアルバム『MOODS FOR TOKYO SKA〜WE DON'T KNOW WHAT SKA IS!』には、このときのアウトテイク「Mr. Mystery Shuffle」(詞:クリーンヘッド・ギムラ/曲:林昌幸)が発掘収録されました。

続く2nd『ワールドフェイマス』[91年]では、デビュー前から(そして今も)ずっとライヴの定番曲だった「ジャングルブギ」(詞:黒澤明/曲:服部良一/歌:笠置シズ子)がついに音源化、昭和歌謡の"におい"をプンプンさせてカヴァーさらにディジー・ガレスピー「I Beeped When I Shoulda Bopped」も。
  ジャングル ブギ / 東京スカパラダイスオーケストラ

全曲カヴァーで占められた実況盤『東京スカパラダイスオーケストラ ライブ』では、美空ひばり「リンゴ追分」、そして昭和歌謡臭ムンムンの「妖怪人間ベム」を"きもち"を込めてカヴァー

これまでずっとギムラサンのヴォーカル曲といえば昭和歌謡のカヴァーが定番でしたが、クリスマスカ「Tears On Snow」(シングル「Burning Scale」のカップリング曲)・「ジャングルブギ」の二番煎じ的歌謡スカ「マライの號」(3rd『PIONEERS』に収録・のちにシングルカット)といったオリジナル曲を"グルーヴ"感タップリに熱唱!さらに笠置シヅ子のカヴァー再び「ラッパと娘」も収録。

ASA-CHANGが辞めてバンドを今解散するのは簡単なことだけど
なくすには惜しいバンドなんだよ。

――― クリーンヘッド・ギムラ

リーダーASA-CHANGが『PIONEERS』発表を最後に脱退グループ最初の危機を迎えた94年、率先してグループを牽引したのがギムラサンでした。

FANTASIA / 東京スカパラダイスオーケストラ
94年4月発表
"ディズニーの『ファンタジア』みたいにカラフルなアルバム"というコンセプトで作られた、ギムラサン主導による4thアルバムにして、遺作。ギムラサンはこれまでの昭和歌謡路線から一転、「ブルーマーメイド」「朱い鳥のバラード」でオシャレなメロウグルーヴ曲をキメ、さらに6曲でギターも演奏

こうしてギムラサン主導で再生したスカパラにさらなる悲劇が…
そのギムラサンが『FANTASIA』発表後の7月、病に倒れ入院 
そして自宅療養中だった翌95年4月23日、脳腫瘍のため逝去

---------

海外で成功するには、パーソナルなアイデンティティが必要なんだよ。オリジナリティがもっとも大事なんだっていうことを、我々は海外に出ていくことで改めて実感したね。
――― クリーンヘッド・ギムラ


これは、91・92年の2度に渡る海外ツアーを経てギムラサンが語ったコメントですが…00年代、オリジナリティあふれる"トーキョースカ"を掲げ海外進出を遂げたスカパラにとって、当時も今もギムラサンは精神的支柱のようです


 *sampling jacket
 LOU DONALDSON / GOOD GRACIOUS!
| ***東京スカパラダイスオーケストラ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |









http://tkst1221.jugem.jp/trackback/646

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2014 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ