真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< やっと続報が…。 | main | ホール&オーツ Daryl Hall John Oates >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レイ・パーカーJr. Ray Parker Jr.
JUGEMテーマ:洋楽好き♪

「ゴーストバスターズ」のみの一発屋だと思ったら大間違い
百戦錬磨のセッションプレイヤーにして、チャートバスターなヒットメイカー
 レイ・パーカーJr. Ray Parker Jr.



セッションプレイヤーとして活躍


10代の頃からスティーヴィー・ワンダーやテンプテーションズといったモータウン勢の作品にセッション"ギタリスト"として参加。そのスティーヴィーの転機作『Talking Book』[72]に参加したことから、ギタリストとして注目を集めます。その後、バリー・ホワイトのラヴ・アンリミテッド・オーケストラに参加する一方で、スティーヴィー・ワンダーの勧めもあり作曲家としてのキャリアもスタート。ルーファス&チャカ・カーン「You Got The Love」[74]、ハービー・ハンコック「Doin' It」[76]、シェリル・リン「Give My Love To You」[78]などポップな良質ソウルを量産、レイはますます注目の存在となります 

 Herbie Hancock / Doin' It



レイディオ結成


こうして年間300万ドルを稼ぐ超売れっ子セッションミュージシャンとなったレイは、今度はハービー・ハンコックの勧めもあり、78年、自身のグループ"レイディオ(Raydio)"を結成してデビューデビューシングル「Jack And Jill」が早速全米8位の大ヒット、1stアルバム『Raydio』もミリオンセールスを記録さらに79年発表の2nd『Rock On』からも「You Can't Change That」(米9位)がヒット、クロっぽさ希薄な美メロソウルを量産するヒットメイカーとなります。

 Raydio
 
Raydio [78][米27位]

   Jack AndJill [米8位/英11位]

 Rock On
 Raydio [79][米45位]
   You Can't Change That [米9位]

実質レイのソロプロジェクトに限りなく近かったレイディオですが…ディスコクラシックとしても有名な「It's Time To Party Now」を収録した、80年発表の3rd『Two Places〜』からは"レイ・パーカーJr. & レイディオ"名義に。そして81年発表の名曲「A Woman Needs Love」でついに全米No.1を獲得 そして自らプロデュースも手掛けた4thアルバム『A Woman Needs Love』もまた大ヒット


 Two Places At The Same Time
 
Ray Parker Jr. and Raydio [80][米33位]
   It's Time To Party Now

 A Woman Needs Love
 
Ray Parker Jr. and Raydio [81][米13位] 

   A Woman Needs Love (Just Like You Do) [米4位]



レイディオ解散、ソロデビュー。


『A Woman Needs Love』の大ヒットでようやくふんぎりと自信がついたようで…82年発表の5th『The Other Woman』からはソロに転向。一人多重録音、しかも自ら所有するスタジオでレコーディング…という製作費わずか2,000ドル(約54万円)というこのエコアルバムからも、タイトル曲が大ヒット(全米4位)

 The Other Woman
 
Ray Parker Jr. [82][米11位]
    The Other Woman [米4位]

 Greatest Hits
 
Ray Parker Jr. [82]

    Bad Boy [米35位]

 Woman Out Of Control
 
Ray Parker Jr. [83][米45位]
 
 I Still Can't Get Over Loving You [米12位]

また、乗りに乗っていた時期だけに、数々のアーティストのプロデュース/楽曲提供も70年代以上に盛んで…明らかに「A Woman Needs Love」の二番煎じなニューエディション「Mr. Telephone Man」(米12位)をはじめ、キャッチーな楽曲が目白押し

 New Edition / Mr. Telephone Man [84][米12位]



ゴーストバスターズそして低迷…

ケニー・ロギンス「フットルース」といったサントラヒットが連発していた84年、レイもまた映画とのタイアップを画策 こうして完成した、タイトルを連呼しまくるいかにも80sサウンドなパーティーチューン「Ghostbusters」が、映画との相乗効果的もあり見事全米No.1の大ヒットを記録

 Chartbusters
 
Ray Parker Jr. [84][米60位]
    Ghostbusters [米1位/英2位]

ちなみに「Ghostbusters」は…M「Pop Muzik」[79]、さらにヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「I Want A New Drug」[83]のパクリと当人たちからクレームがつくというトラブルがあったことでも有名です。しかもヒューイとは裁判にまで発展、レイが完全に敗訴
なんでも映画プロデューサーが「I Want A New Drag」を使いたいと依頼するも、ヒューイ側がそれを断ってきたらしい。そこで、同じく候補だったレイに「I Want 〜」みたいな曲を作ってくれと依頼、2日で仕上げたのが「Ghostbusters」なのだそう。
この人の曲って、けっこう「〜っぽい」と感じる楽曲がいくつかあります。取り込み上手というか、器用貧乏というか…ただ「Ghostbusters」はまんますぎるでしょ??? ただ、Mにしてみればヒューイもレイも2人ともパクリなんですけどね

 M / Pop Muzik
 Huey Lewis & The News / I Want A New Drug

87年発表の『After Dark』では、御大バート・バカラックも1曲プロデューサー参戦、これまでの一人多重録音から豪華セッションプレイヤーを大量起用するなど新機軸を打ち出すのですが、チャート的には「Ghostbusters」以降低迷一般的には完全に"一発屋"扱いされてしまいます…

 Sex And The Single Man
 
Ray Parker Jr. [85][米65位] 
   Sex And The Single Man

 After Dark
 
Ray Parker Jr. [87][米86位/英40位]
 
 I Don't Think That Man Should Sleep Alone [米68位/英13位] 

 I Love You like You Are
 
Ray Parker Jr. [91]
   The Love Is So Strange

ちなみにこの時期レイは、なんと鈴木雅之サンのアルバム『Dear Tears』[89]に2曲提供 作詞作曲からアレンジ・演奏・プロデュースまでガッチリ参加。その2曲「Our Love Is Special」「Love Overtime」とも、最高デス



レイ・パーカーJr. カムバック!!

その後音楽活動を休止していたそうですが、00年代に入りセッションワークなどを中心に活動再開。ここ日本でも、村上ポンタサン(ds)や本田雅人サン(sax)らとのコラボライヴを収録した『Ray Parker Jr. with State Of The Rhythm』[02]が発表されました。

 I'm Free!
 
Ray Parker Jr. [06]

   Mismayloya Beach

そして06年、15年振りのニューアルバム『I'm Free!』を発表して前線復帰 いちばんビックリするのは、ブラジルのミュージシャンか!?というルックスの変わりっぷりですが…内容はというと、ブラジリアンテイストからギター全面押しのロックまでヴァラエティなゴッタ煮サウンド。タイトル通り自由奔放なこの作品によって、レイは15年を経てようやく「Ghostbusters」の呪縛から解き放たれたようです。…だから『I'm Free!』なのかも。

| overseas P, Q, R | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ