真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< 10cc | main | T. REX >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ゴドレイ&クレーム Godley & Creme
JUGEMテーマ:洋楽好き♪


70年代は、ポップグループ=10ccのアナザーサイド(というかアヴァンギャルドサイド)として
そして80年代は、MTV時代を牽引したPV監督として個性を発揮し続けてきた
キャラ立ちクリエイター集団 ゴドレイ&クレーム Godley & Creme

 

 10cc脱退後のゴドレイ&クレーム




たとえば、「自分たちで100人分の分厚いコーラスを作ってしまおう」という発想から

メンバーの声をテープ編集により624人分(3人×13音階×16トラック)に増幅することで

メロディの美しさに荘厳なアレンジが加わった、至極の名曲「I'm Not In Love

あるいは、「自分たちで自前のオーケストラサウンドを作ってしまおう」という発想から

ギターのブリッジ部に装着、弦を噛ませたギアをモーターで回転させ

ヴァイオリンの弓弾きと同じような連続音を出すギターアタッチメント「ギズモ」

 

現代のデジタル機器を使ったら軽〜く再現できてしまうだろうアイディアを

アナログ時代に「既成のモノがないから自分たちで作ってしまおう」という発想で

10ccに"音のスパイス"を効かせつづけてきた、ケヴィン・ゴドレイロル・クレーム
 10cc在籍時のゴドレイ&クレーム

 


76
年、音楽性の相違から10ccを脱退した2人は
ゴドレイ&クレーム(以下G&C)と名乗り
そのアイディア一発勝負な発想と偏執狂ぶりを前面に打ち出した
斬新なアルバムを次々と発表していきます

       

Consequences ギズモ・ファンタジア [77]

L [78]

Freeze Frame フリーズ・フレーム [80]

Ismism イズミズム [81]

Birds Of Prey バーズ・オブ・プレイ [83]

The History Mix Volume 1 ヒストリー・ミックスVol. 1 [85]

Goodbye Blue Sky グッドバイ・ブルー・スカイ [88]


 

 80年代、PV監督としてのゴドレイ&クレーム


また、80年以降

自身の楽曲のプロモヴィデオも自ら制作するようになるのですが

彼らならではの「既成のモノがないから自分たちで作ってしまおう」的発想による

斬新PVが俄然世間の(というか業界の)注目を集め

結果、PV監督としての受注が殺到するようになるわけです

ここでは、ゴドレイ&クレームが80年代に手掛けた主なプロモヴィデオを
その作風で3つのパターンに分類してみました


 インパクト重視型 …新人アーティスト向け

アーティストの個性で押せない分、PV自体のインパクトで一気に集客

ただし、アーティスト自体が目立たなという最大の弱点も…



 Duran Duran "Girls On Film" 1981
G&Cの出世作といえば、やっぱりコレでしょう。
トップレスの女性力士、ネグリジェ対決、最後は泥レスまで登場する
今で言うと、ジャニーズのPVAV女優がガンガン出演したくらいのインパクトか!?
新人イケメングループ=デュラン・デュランのブレイクするきっかけとなった、エロPV



 Frankie Goes To Hollywood "Two Tribes" 1984
レーガン米大統領とチェルネンコ・ソ連書記長(のそっくりさん)が闘技場で格闘するという
当時まだまだビミョ〜だった東西の冷戦関係を強烈に皮肉った
フランキーの個性ゼロ、G&Cの個性全開の衝撃PV


 演奏シーン撮影型 …ベテランアーティスト向け

逆にブランド力のあるベテランは、シンプルに演奏シーンを撮影するだけ。

ただし、撮影方法は凝りまくりですが


 The Police "Every Breath You Take" 1983
おそらく一般的にもコレがいちばん有名なG&C作品なんじゃないかなぁ…
全編モノクロの"二枚目路線"で、ポリスのカッコよさを120%引き出した、名PV
この後G&Cは、名作ライヴヴィデオの『Synchronicity Concert』をはじめ
ポリス(及びスティング)の映像モノをず〜っと担当することになります。


 Eric Clapton "Forever Man" 1985 
これまでの"孤高のギタリスト"というイメージから一転
現在の"ポップなロックヴォーカリスト"の礎を築いた
フィル・コリンズ制作『Behind The Sun』からカットされた、クラプトンの勝負作
円形ステージで演奏するクラプトンの魅力を、G&Cがまさに360℃とらえてます。


 Sting "If You Love Somebody Set Them Free" 1985 
一人ひとりを別撮り、さらにそれぞれにエフェクトを施した映像を1つにまとめたという
スティングの1stソロ『ブルータートルの夢』からの、カッコよすぎるPV
サックスを吹くとき以外は半透明になるブランフォード・マルサリスとか
今見ても鳥肌が立ちます…個人的にはコレがG&Cの最高傑作だと思います


 特撮前面押し型 …個性派アーティスト向け

これこそG&Cの真骨頂CG的手法を、アイディア一発ですべてハンドメイドで撮影。

ただし、今の目で見るとさすがに時代遅れ感漂うものも…


 Herbie Hancock "Rockit" 1983 
ジャンルレスのジャズピアニスト=ハービー・ハンコックが
ヒップホップ/スクラッチを大胆導入、またも大胆転身をはかった83年の大ヒット曲
「踊る!さんま御殿」でおなじみの、アノ曲
スクラッチに乗ってインチキくさいロボットが次々登場する、G&Cのアホっぷりが全開のPV


 Godley & Creme "Cry" 1985
SFXにおける定番"モーフィング"(=ある物体が別の物体に自然に変形させる手法)を
コンピュータグラフィックのまだなかった85年にやってのけた、画期的なPV
そのPVのあまりのインパクトゆえに、G&C自身の初ヒット曲となりました。
マイケル・ジャクソン「Black Or White」[91]の5年前に
しかもハンドメイドでコレをやったG&Cは天才だと思います



 George Harrison "When We Was Fab" 1987 
ジョージ・ハリスンの復帰作『Cloud Nine』からの2ndシングル。
二人羽織のようなジャケットから次々手が出てきて…という
お遊戯のようなPVですが、このアホらしさがG&Cらしくもあり
またビートルズのセルフパロディであるこの曲のサイケ感に意外とフィット


 コンビ解消後の、ゴドレイとクレーム


しかし88年、ゴドレイ&クレームは残念なことにコンビを解消してしまいます…


その後、ロル・クレームは
アート・オブ・ノイズのリユニオンに参加するなど(99年)
プロデューサー=トレヴァー・ホーン(写真左)と絡んで仕事をしているようです。

一方、ケヴィン・ゴドレイは
引き続きPV監督として、80年代ほど独創的ではないにせよ
やはりフツーではない、キャラの濃ィ〜いPVを量産しつづけています。たとえば…


 U2 "Even Better Than The Real Thing" 1991
被写体を360℃「横周り」でグル〜ッと撮るというのは

もはや韓流ドラマでさえ使っているベタな手法ですが

このU2の電脳化1発目となった「〜The Real thing」は

360℃「縦周り」でグル〜ッと撮ってるんですよねェ よくこんな撮り方できるなぁ…

この曲以降も、ケヴィンはU2の電脳シングル、さらには
「ミッション・インポッシブル・テーマ」まで次々と手掛けています。

 

 

 The Beatles "Real Love" 1996

ポール・マッカートニーとは70年代から親交があったようですが

ビートルズのヴァーチャル再結成第2弾「Real Love」のPV監督に、ケヴィンが大抜擢

歌詞の♪loveとリップシンクする昔の映像のチョイスが


また最近ケヴィンはなんと
10ccの盟友グラハム・グールドマン(写真右)と活動をともにしているようです。


Godley and Gouldman "GG06"
ダウンロード販売のみのこの作品ですが
サウンドは90年代のリユニオン10ccを彷彿させるオシャレなAOR
でもヴォーカルはケヴィン・ゴドレイ …意外にイイです
| overseas G, H, I | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ