真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< マリアンヌ・フェイスフル Marianne Faithfull | main | らー麺 くさび [旭川] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ブライアン・ジョーンズ Brian Jones

JUGEMテーマ:音楽

 ストーンズの創設メンバーにして、破滅型の天才音楽家
        ブライアン・ジョーンズ Brian Jones

ローリング・ストーンズの黎明期における

ブルースをベースとした黒人音楽への精通ぶり

さらに雑多で斬新なアレンジを取り込む音楽性

…これらはすべて、ブライアン・ジョーンズ
もたらしたといっても過言ではありません


ただ、ストーンズを結成したリーダーだったにも関わらず
ミック・ジャガー&キース・リチャードに
その主導権を持って行かれ
ドラッグに溺れついにストーンズを解雇され
そして最期はナゾの溺死
…という、かなり悲劇的な人でもあります

そんなブライアンを主軸に捉えて
60年代ストーンズの音楽変遷を(大雑把に)辿ると…
 


 キラリ1964〜65 ブライアン主導の、ブルースカヴァー期。


    

・The Rolling Stones [64/4]

・The Rolling Stones No.2 [65/1]

・Out Of Our Heads [65/9]

 
ブルース/ロックンロールのカヴァーをタップリ収録

プラス若干ジャガー=リチャードのオリジナル曲

ジャケ含め、"黒人音楽大好き"感を全面アピールした初期3枚のアルバムこそが
ブライアンが描いていたローリング・ストーンズの理想形だったはずで
そのブルーススピリッツは、基本この初期3枚に凝縮されています


ルード
(粗雑)な音がよかったんだ

すべてが甘〜くなっていたから、タフなものがウケ始めていた

…時代にマッチしたのさ
ブライアン・ジョーンズ [64]

ただ、ストーンズを戦略的に売り出すために
マネージャー/プロデューサー=アンドリュー・オールダムは
ミック&キースにオリジナル曲を作るよう要請
そしてバンドの方向性も、徐々にオリジナル曲メインに…

この方向転換を機に主導権を失うことを考えると
ブライアンも負けじとオリジナル曲を
作ればよかったのに、と思ってしまうのですが…

ブルースをオシャレにカヴァーするのがカッコイイ
という確固たる音楽アイデンティティがあった人なので
ポップなオリジナル曲なんかダサい
という思いがもしかしたら根本にあったのかも

加えて、「作っても取り上げてもらえないゆう★」というボヤキ発言もありますが
ブルース一筋ストイックキャラのブライアンが作る曲なんで
きっとアンドリューの求めるポップさとは程遠いモノだったんだろうなぁ…

 


 キラリ1966〜67 ポップソングに毒を盛る、マルチプレイヤー期。

 

  

・Aftermath [66/4]

・Between The Buttons [67/1]


黒人音楽に傾倒するマニアックなブルースバンドから

クロくてポップなオリジナル曲を演奏するビートバンドへスタイルを移行する中

ストーンズの主導権は当然ミックとキースに移っていくわけですが…

 

一方のブライアンは
マルチプレイヤーぶりを遺憾なく発揮びっくり!!

ピアノからサックス、果てはシタールまで
サウンド/アレンジ面で、ストーンズの"スパイス"として
存在感をアピールしはじめます


…自分のバンドを乗っ取られていく
    苛立ちや疎外感を内に秘めつつ↓した

そんなエスニックな"飛び道具"をさらに探求するため
あるいはバンド内での苛立ちや疎外感を癒すため
67年頃からブライアンは、何度もモロッコを訪れていますが…
↑のちに企画モノ『Jajouka』に結実

運命とは皮肉なモノで
このモロッコ訪問に同伴したブライアンの恋人
アニタ・パーレンバーグと
いっしょに来ていたキース・リチャードが
なんとコレをきっかけに付き合うことに

そもそもブライアンの
アニタに対するDVが原因だったので

自業自得ではあるのだけれど
これが、ブライアンがストーンズから孤立する、そして精神的破たんの決定打となり
以降ますますドラッグにハマっていくわけです

ちなみにブライアンはこのすったもんだの直前
67年5月には、ドラッグ不法所持で逮捕されていて
…逮捕されるわ、彼女取られるわ、踏んだり蹴ったりです


 キラリ1967〜69 ストーンズからのフェイドアウト期、そして非業の死。

 
  

・Their Satanic Majesties Request [67/12]

・Beggars Banquet [68/12]


これもまた皮肉なんですが、ブライアンが主導権を奪われる遠因をつくった
アンドリューが『サタニック〜』製作序盤でプロデューサー降板、ストーンズから去るのですが
ブライアンもこの頃からバンド内でフェイドアウト状態に…

サイケな野心作『サタニック〜』ではまだまだ
マルチプレイヤーとしてサウンド貢献していたものの

続く原点回帰作『ベガーズ・バンケット』の頃には
このとおり、もう完全にクスリでイッちゃっていて
録音も、ちょい参加程度 で………

69年68
ブライアン・ジョーンズ、ストーンズを脱退
↓した
実際は、ミック&キースが解雇を宣告


はっきり言ったよ、クビだってね

でも、覚悟していたのか、驚いてはいなかった

理解できなくなっていたのかもな…でも、仕方なかったんだ
キース・リチャーズ [89]


ドラッグ過多でレコーディングもムリ、ライヴもムリ

さらにアニタ絡みでキースとの仲ももはや修復不可能…
これらを踏まえるとやむを得ないかな、という気がしますが
ただ、結果的に"解雇"だったとはいえ

ミック&キース主導のポップ路線にずっとなじめず

ストーンズ"脱退"〜新グループ結成を画策していたわけですから

ジミヘン、ジョン・レノンとのスーパーバンド構想があったとか
いわば予定通り、結果オーライだった気がします…ここまでは、ですけど

69年7月3日未明
ブライアン・ジョーンズ、自宅のプールでナゾの溺死


------------------------------------------------------------------------------

ストーンズ脱退後、結局ブライアンはな〜んにも残すことなく逝ってしまったので
いわゆるソロワークは、唯一この企画モノだけ

  
(左)オリジナル /(右)新装ジャケット[95]
・Brian Jones presents The Pipes Of Pan At Jajouka [69年録音/71年発表]
一言で言うと、現地録音したモロッコ音楽をリミックスした
ブライアンの先進性の証しといえる"エスニック・トランス"

加えて、ビートルズ「You Know My Name」[67年録音/70年発表]に
ブライアンはサックスでゲスト参加しています

ということで、ソロとして残したモノはほんの僅かですが
ストーンズに残したものは…

ブライアン・ジョーンズ…
その個性で我々に見事な成果をもたらした

ミック・ジャガー [89/"ロックの殿堂"授賞式にて]




------------------------------------------------------------------------------

40
年前のブライアン・ジョーンズの死、英警察が再調査へ

2009.08.31 CNN

 

英人気ロックバンド、ローリング・ストーンズの創立メンバーで、初代リーダーだった故ブライアン・ジョーンズの死因について、英国南部サセックスの警察が再調査を検討していることを明らかにした。

ブライアン・ジョーンズは27歳だった19697月、英イースト・サセックス州コッチフォード・ファームの自宅プールで亡くなっているのが見つかった。体内からは違法薬物も検出されず、ビール3杯程度のアルコールしか飲酒していなかったため、死因には様々な憶測が流れたが、当時の警察は薬物とアルコールの影響による事故死と判断した。

しかし、その後も他殺説などが途絶えなかった。特に、遺体が見つかった際に現場にいた建築家、フランク・ソログッド氏が殺したとのうわさが流れ、同氏が1993年に亡くなる際に殺したことを告白したとされている。

サセックスの警察は、事故当時の人々の証言を集めたというジャーナリスト、スコット・ジョーンズ氏の報告書を受け取り、これを確認しているという。

ジョーンズ氏は4年をかけて調査。昨年11月には英紙デイリー・メールに、ブライアン・ジョーンズが事故死した現場にいた人々にインタビューした記事を寄稿している。

| *** Rolling Stones, the | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ