真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< キース・リチャーズ Keith Richards | main | ブライアン・ジョーンズ Brian Jones >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マリアンヌ・フェイスフル Marianne Faithfull

JUGEMテーマ:音楽

60年代スウィンギング・ロンドンの代表的オシャレカップル
…というか、もっとも激アツだったゴシップカップル

マリアンヌ・フェイスフル×ミック・ジャガー

ということで今回の特集は… 


 ミック・ジャガーに愛された金髪のアイドル
        マリアンヌ・フェイスフル Marianne Faithfull



彼女は虹のようだ
                        
She's A Rainbow

ミック・ジャガーが、マリアンヌのことを歌ったといわれる
ストーンズのシングル「She's A Rainbow」[67]より


643月、マリアンヌ・フェイスフルは ←マリアンヌ17歳
婚約者ジョン・ダンバーとともに出席したあるパーティーで
彼女の運命を大きく変えることになる2人の男性に出会います

 1人目は…「このコは売れる!!」とプロデューサー視点で一目惚れした
 ストーンズのマネージャーアンドリュー・オールダム
 その場でモーレツに口説き落とされたマリアンヌは
 同年7月、ミック&キース詞曲による「As Tears Go By」でデビュー
そのヒット(英9)により、「清純アイドル」としてさっそく注目の存在に
…ストーンズをブレイクさせた張本人だけあって、さすが目が利きます

 そしてもう1人は…「女性」として彼女に一目惚れした
 ストーンズのヴォーカリストミック・ジャガー
 マリアンヌのドレスにわざとシャンパンをこぼすという
 あまりにベッタベタなカマシをけしかけるも、あえなく玉砕


 そして、アイドルとして超売れっ子だった65年5月 ←マリアンヌ18歳
 マリアンヌはジョン・ダンバーと(できちゃった)結婚



マリアンヌにとっては、あまりにフツーだったジョン・デンバーに対して
当時ツルみはじめていたストーンズのメンバーはあまりに刺激的だったようで
彼らに、そしてドラッグドップリハマるようになり…

 66年末頃 ←マリアンヌ19歳
 
ミックとマリアンヌは不倫関係に…

 「ブライアン(・ジョーンズ)、キース(・リチャード)と寝てから
  ミックに決めた」らしいのですが
 この一連、新婚ホヤホヤの清純アイドルが
 クスリをキメつつ…の話ですよね




教えてくれ、モルヒネ修道女
            Tell Me, Sister Morphine
   オレはどのくらいここで寝てたんだ!?
            HOw Long Have I Been Lying Here?
            

    
修道女教育を受けた、マリアンヌ自身のアイディア
   (というか、ほぼ彼女が書いたらしい)による
シングル[69]のカップリング曲「Sister Morphine」より。
71年、ストーンズがセルフカヴァー。

そして翌67年2月 ←マリアンヌ20歳
ミックやキース・リチャードといっしょにドラッグを満喫していたところを
現行犯逮捕されるという事件が

マリアンヌ自身は逮捕されなかったものの
「ミックといっしょにいた"全裸のX嬢"」と法廷で言及されたことから
その存在がマスコミにバレてしまい
このときの一部始終をゴシップ的に報道した
ミックがマリアンヌの×××に挿したマーズバー(チョコバー)を食べていた、という
いわゆる「マーズバー・スキャンダル」で
ゴシップクイーンとして一気にワイドショー的注目を浴びることに

 ちなみにマリアンヌはこの年、女優としてもデビューしていますが

 特にアラン・ドロンと共演した『あの胸にもういちど』[67]での

 全身レザースーツのバイカールックが

 峰不二子(『ルパン三世』)のモデルになったことでも有名


 
1人の女のコだけというのは難しい
        Seems Very Hard To Have Just One Girl


マリアンヌと付き合うにあたって
♪昨日の新聞を欲しがるやつはいないだろ!?
…と元カノとの決別を歌った
「Yesterday's Paper」[67]にも登場する
ミックの浮気癖に
マリアンヌもまた翻弄されることに…

 
 ビートルズ「愛こそはすべて」が披露されたTV番組『アワ・ワールド』や
 ストーンズ仕切りのTV番組『ロックンロールサーカス』など
 公の場に思いっきり2ショットで登場しまくりだったこともあり
 ミックとマリアンヌは、"公然の"不倫カップルとして知れ渡ってはいましたが
当のマリアンヌはというと、ミックの浮気癖や一連のゴシップに悩まされ
さらに68年にはミックとの子どもを流産で失ったことも重なり

精神的にも追い詰められ、ますますドラッグにハマっていき…
 

そして69年7月8日 ←マリアンヌ23歳
睡眠薬過多(150錠!)5日間昏睡状態に陥るという
またまたショッキングな事件が
そんなすったもんだがあって…ついにミックとも破局



死んでから 
     あの世でいっしょに暮らそう

    Let's Do Some Living After We Die


ミックがマリアンヌとの別れを歌ったといわれる
ストーンズのシングル「Wild Horses」[71]より。
これ以降マリアンヌは、"シスター・モルヒネ"を地で行く
ドラッグ漬けだった70年代を経て…

 歌手として前線復帰
 現在までコンスタンスに活躍しています ←現在62歳!!


…ルックスはもちろん、ハスキーヴォイスのキャバレー歌手のようなヴォーカルとか
まったくキャラが変わってしまっていますが
| *** Rolling Stones, the | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ