真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< バート・バカラック Burt Bacharach | main | キース・リチャーズ Keith Richards >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
奥田民生@サウンド・オブ・ミュージック

JUGEMテーマ:音楽

曲を作っているときから
    
この曲はドラムはあの人で、ベースはあの人で

        こういうメンツで録ろうというようなことは考えていて
            
それがコンセプトって言ったらコンセプトかもしれない
                
名曲を書くのはミスチルに任せて
                    僕はいいバンドで、いい演奏をしようかなってことで

                            以上、奥田民生サンのインタビュー[05]より

 

奥田民生サンは、ソロ名義で活動はしているものの

    「バンドのグルーヴ」にメチャクチャこだわりがあるようで

        レコーディングやライヴも基本固定メンバーで行っていて

            実際の音も活動自体も、ユニコーンのときより逆にバンドっぽい

 

「ビートルズへのオマージュが時折見え隠れする

 バネのあるグルーヴィーなギターロック」というサウンド志向も

        ソロデビュー以降一貫しているというか、変わらないというか…

 

ということで今回の特集は、奥田民生サンのバンドサウンドと
    そのグルーヴを生み出してきた参加ミュージシャンに焦点を絞った…

        奥田民生@サウンド・オブ・ミュージック



 29 [95/3]

 produced by 奥田民生 / Joe Blaney 


 FAILBOX [97/7]

 produced by Joe Blaney


performed with

Steve Jordan (ds) / Charley Drayton (b) / Waddy Wachtel (g) / Bernie Worrell (kb)


95年発表の初ソロ『29』は

    民生サン+河合マイケルサン(ユニコーンの元プロデューサー/ds)による多重録音や

        元ユニコーン・川西幸一サンのバンドVanillaがバックを務めた曲もありますが

            収録曲の大半は、キース・リチャーズの準パーマネントグループ

                エクスペンシヴ・ワイノーズ(The X-pensive Winos)がバックを担当

                    そして『ハヴァナイスデー』『SPRINGMAN』でユニコーンのロックサイドを担った

                        ジョー・ブレイニーがミキサー/プロデューサーとして再登板

                            ↑以降民生サン作品にたびたび登板することに…

 

そして、PUFFYのプロデュースや、マイペースコラボ=井上陽水奥田民生を経て

    97年に発表した3rdソロ『FAILBOX』で

        演奏:エクスペンシヴ・ワイノーズ / プロデュース:ジョー・ブレイニー

            …という奇跡のセッションが再び実現


 30 [95/10]

 produced by 奥田民生 / Andy Sturmer

 
  [98/3]

 produced by 奥田民生

 

 GOLDBLEND [00/3]

 produced by 奥田民生
 

performed with
古田たかし(ds) / 長田進(g) / 根岸孝旨(b) / 斎藤有太(kb)


ユニコーン解散後、「早くソロのツアーをやりたい」という理由から

    1stから約半年、間髪入れず発表した2ndソロ『30』は

        そのツアーを見越して、その後永く民生サンのツアーバンドを務めることになる

            Dr.ストレンジラヴ(Dr. StrangeLove)とのセッションが中心

                加えて、アンディ・スターマー(ジェリーフィッシュ/ds)とのセッション曲も収録

 

そして、前述のNYセッション作『FAILBOX』を挟んで発表された

    『股旅』『GOLDBLEND』(およびコンピ盤『CAR SONGS OF THE YEARS[01])は

        いずれも全編Dr.ストレンジラヴとのセッション

            そして民生サンの単独プロデュースによる、純和製ロックンロール

 E [02/9]

 produced by 奥田民生 / Joe Blaney / Andy Sturmer


performed with

古田たかし(ds) / 長田進(g) / 根岸孝旨(b) / 斎藤有太(kb)

Steve Jordan (ds) / Charley Drayton (b) / Eric Schermerhorn (g) / Bernie Worrell (kb)


前作から2年半ぶりとなる『E』は

    完全に板についたDr.ストレンジラヴとの東京セッションと

        若干メンバーチェンジした、元エクスペンシヴ・ワイノーズとのNYセッションが同居した

            加えて、一部アンディ・スターマーとのセッションも

                これまでのソロ活動の集大成的佇まい


 LION [04/10]

 produced by 奥田民生 / Charley Drayton / Joe Blaney

 

 comp [05/4]

 produced by 奥田民生


 Fantastic OT9 [08/1]

 produced by 奥田民生 / Steve Jordan


performed with

湊雅史(ds) / 小原礼(b) / 斎藤有太(kb)


続く『LION』以降は、Dr.ストレンジラヴに代わり ←『LION』には1曲だけ参加
    サディスティック・ミカ・バンドの小原礼サン(b)を中心とした4ピースバンドをフィーチャー

        なお、『LION』では
            ワイノーズのマルチプレイヤー
=チャーリー・ドレイトンが半分の6曲で
                『Fantastic OT9』では
                    スティーヴ・ジョーダンが2曲で自身のバンドThe Verbを引き連れて
                        ↑ピノ・パラディーノ(b)/ダニー・コーチマー(g)らが参加

                            それぞれ久々の登板

| japan M, N, O | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ