真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< スパイスガーデン [帯広] | main | I♡80s overseas >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
PINK
JUGEMテーマ:音楽



 キャラ立ちミュージシャン集団による、稀代のサイバーロックバンド
 PINK ピンク

80年代初頭

福岡ユタカ(vo,g)矢壁アツノブ(ds)  ←近田春夫&ヴィブラトーンズ

ホッピー神山(kb)スティーヴ衛藤(perc)  ←爆風銃(バップガン) ※爆風スランプの前身

岡野ハジメ(b)渋谷ヒデヒロ(g)  ←ショコラータ ※かの香織のバックバンド

…がセッションワークを期にユル〜イ結びつきで結成したのが

キャラ立ちサイバーロックバンド=PINK

 

PINKのオンリーワンたる所以はなんといっても

ほとんどの作曲を手がける福岡ユタカサンの

「東洋のスティング」とまでいわれたヴォーカル

これに百戦錬磨のセッションミュージシャンの

キャラ立ちすぎなプレイが絡んで、さらに混沌度が

 DAYDREAM TRACKS [87/7]
ZEAN ZEAN #0 / MOONSTRUCK PARTY (荒野の七人) / PRIVATE STORY / 砂の雫 / HINEMOS
 砂の雫 [84/6]  プライベートストーリー [84/10]


84年、PINKはエピックソニーからデビューするのですが
シングル2枚をリリース後すぐにムーンレコードに移籍…

PINKがプチブレイクした87年にリリースされた

そのエピック時代のシングル+αを収録したコンピ盤がコレ。


 

  PINK [85/5]


Dance Away / Illusion / Young Genius / Zean Zean / Secret Life / Soul Flight / Ramon Night / 人体星月夜II

 YOUNG GENIUS-GIMMIX [85/7]
T-REXが電脳化したようなサイバーロック「Young Genius

のちにUKでシングル発売される、ニューウェイヴ色濃厚な「Soul Flight」など

PINKの鉄板曲を多数収録した、85年発表のデビューアルバム。
 

 

  HIKARI-NO-KO [86/2]

 

 光の子 / SHISUNO / 日蝕譚 - SOLAR ECLIPSE - / HIDDING FACE / GOLD ANGEL / DON'T STOP PASSENGERS / ISOLATED RUNNER /青い羊の夢 / 星のPICNIC / LUCCIA

 DON'T STOP PASSENGERS [86/2]

 光の子-REMIX [86/5]

福岡サンの"ボイパー"の如し超絶ヴォーカリゼーションがキモのタイトル曲「光の子」

当時のスティングのエスニック志向に同期したような「SHISUNO

…といったマニアックかつ非J-POPな楽曲と

"売れる"ことを標榜していたに違いない、メロディ志向な洋風J-POPが同居した

86年発表の2ndアルバム
 

 

  PSYCHO-DELICIOUS [87/1]

 

Body And Soul / Naked Child / Keep Your View / Love Is Strange / Scanner / Shadow Paradise / Body Snatcher / Slip Into Fire /Electric Message
 KEEP YOUR VIEW [86/11]
 ミディアムニューウェイヴ「Keep Your View」がCM曲に起用されるなど

売り出し戦略が功を奏してプチブレイクを果たした、87年発表の3rdアルバム。

初期プリンス直系のミネアポリスファンク「Scanner」は

ジャケのプリティさとは裏腹に、87年当時の日本のバンドとは思えないカッコよさ
 

 TRAVELLER [87/3]

 

 

  CYBER [87/10]

 

TOKYO JOY / CLIMB, BABY CLIMB / Dr. MIDNIGHT / CHRISTMAS ILLUSION / 二人の楽園 / C/SEC / FOREVER & EVER / DECAY THE WORLD, DELAY THE WALL / 熱砂の果て / FIRE / SILENT SUN / DOCTOR-D ROCK / BEHIND THE GARDEN / GO EAST

 CRISTMAS ILLUSION [87/11]

福岡ユタカサンをメインコンポーザー/フロントに据えて、という
これまでの基本路線・暗黙の了解を取っ払って
ホッピー神山サン・岡野ハジメサン作曲/ヴォーカル曲もフィーチャー
グッとヴァラエティ度を増した、87年発表の4thアルバム。

なお、今作よりギタリストが渋谷ヒデヒロサン 逆井オサムサンにチェンジ
記憶が確かなら、渋谷サン脱退の理由は体調不良のためだったような…
その渋谷サンは00年12月に
そして逆井サンもまた同年10月にお亡くなりになられたそうです…R.I.P


岡野サンによるカッコよすぎるサイバーロック「CLIMB, BABY CLIMB」は
アルバムタイトルが、メインの福岡サン楽曲以上にピッタリハマりますが
今作発表後、岡野サンは吉田仁サン(サロンミュージック)とともに
この路線を踏襲したような"クアドラフォニクス"を結成
PINKと並行してソロ活動をスタート

一方ホッピーさんも、これまでもPINKとしての活動と並行して
鈴木雅之サンの「ガラス越しに消えた夏」[86]のアレンジを手掛けたり
BOOWY『BEAT EMOTION』[86]にゲスト参加したりと
PINKの中でもいちばんソトシゴトが盛んだった人

もともと各々が百戦錬磨のセッションミュージシャン集団だけに
一体感とは真逆のユル〜イつながりで成り立っていたPINKですが
PINK自体が知れ渡る存在になったことで
メンバー各々のソロ活動/セッション依頼も相乗効果的にするわけで
それにより、そもそもユルかったバンドの結束はもちろん
バンドの存在意義さえ希薄になっていくことに…

 

 FINAL MIX [88/11]

YOUNG STAR / TOKYO JOY (REMIX) / YOUNG GENIUS (REMIX) / SOUL FLIGHT (REMIX) / SHADOW PARADISE (REMIX) / LUCCIA (REMIX) / TRAVELLER (REMIX) / SCANNER (REMIX) / HIKARI-NO-KO (REMIX) / SOLAR ECLIPSE (REMIX) / SHISUNO / MACHINE GUN HEART (REMIX)

そんな状態なんで、当然"PINK解散"という憶測が飛び交うわけですが…
88年に発表されたリミックスベストのタイトルが"FINAL"だったので
「あ〜ホントに解散してしまうんやなぁ」と当時シンミリした記憶が…
ただ…リミックスといっても、ドラムを強調して長尺ヴァージョンに仕立てた
いかにも80年代な12インチ定番リミックス集ですから
当時から「余計なアレンジやなぁ」と感じていたボクにとっては、ちょっとキツイ


  RED & BLUE [89/2]

 

ベルリンは宇宙 (Berlin the Universe) / STORY / 小さな男の大きな夢 / AUGUST MOON / 水の絆(TIDE) / WHAT CAN I SAY / ROLLING STONE / EARTH FALL / ICON
89年、PINKがグループ活動凍結を前提に製作したラストアルバム
この段階ですでにスティーヴ衛藤サンは脱退しているのですが
理由は「バンド外活動を制限されていて、経済的に成り立たなくなった」からだそう
その衛藤が唯一参加した『CYBER』セッションのアウトテイク「ベルリンは宇宙」以外は
福岡サン+矢壁サン(#2,5,6,7,8)、ホッピーサン(#3,9)、岡野サン(#4)主導の
3セクションでそれぞれ録音された、解散直前のバンドにありがちな
ソロワークの寄せ集め的内容 とはいえ…

ヒトラーのことを歌った、ホッピーサン作曲のポップンロック「小さな男の大きな夢」
"クアドラフォニクス"楽曲をPINKに逆輸入した、岡野サン作曲の「AUGUST MOON」
そして"スティングがファンクを演りました"的な、福岡サン作曲の「EARTH FALL」
…など、バラバラだけど、それぞれが粒ぞろいで、どれもカッコイイ

そして今作を最後に、PINKは活動を凍結
各々はソロ活動を開始(再開)するのですが…

・福岡サン…ニュースステーションのテーマ「NS2000」[00]
・ホッピーサン…布袋寅泰サン『GUITARHYTHM』[88](プロデュース)
・ホッピーサン…氷室京介サン『SHAKE THE FAKE』[94](プロデュース)
・岡野サン…L'Arc〜en〜Cielのプロデュース(『True』[96]〜現在)

…などやっぱり有名どころはやはり"ソトシゴト"が中心ですね
スティーヴ衛藤サンも売れっ子異色セッションプレイヤーだし

--------------------------------------------------------------------

ちなみにPINKのアルバムって、どれも廃盤ということもあり
ネットオークションなんかを見ると、意外と高値でビックリです
↑定価(¥2,800〜3,000)並みかそれ以上
ちなみにボクが持っているのは、中古屋さんで買った
どれも¥300程度のレンタル落ちのヤツ。

| japan P, Q, R | 00:00 | comments(5) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
中学生のころ、いつの間にかVIDEOで録画していたPINKの「DON'T STOP PASSENGERS」を聞いて奇妙な集団のなんといい音楽だろうと思ったのを覚えています。
そのビデオの中には本田恭章の「HEY! GIRL!!」が入っていました。そんな時期でした。

| みこ | 2012/09/05 9:56 AM |

質問者さんに見て頂けるかどうか怪しい程、時間が経過していますね。
勝手に書き込んで自己満してみたいと思います。

PINKのCMということならば、
1986年 日立マクセルビデオカセットテープCM
 NEW HGX GOLD で KEEP YOUR VIEW が使われていますね。

PINKとプロペラという単語を無視して、
その頃のCMから可能性のあるものを思い出しますと
ビクターのCMが思い浮かびます。
恐らく質問者さんの言う「空飛ぶ船で全体が茶色の画面CM」
ビクターのロボットコンポのCMで使われた
135というグループの「ウォ・アイ・ニー」ではないかと推測します。

CMの放映時期が近いことから混同されたのではないでしょうか。
違ってたらスマソ。

一応リンクを貼ってみますが、切れる可能性もありますね。

PINK
http://www.youtube.com/watch?v=F6T22C0Wsrc
135
http://www.youtube.com/watch?v=IOucBryYIPY&feature=bf_prev&list=PL2C2082393B37DD05&lf=results_video
| Mamatango | 2012/04/11 2:58 PM |

お返事ありがとうございます。

そうですよね。なにぶん古いことですから。少なくとも25年以上前・・・。

私も鼻歌でメロディしか分からないんです。画面の右端に小さくPINKと描いてあったことだけが頼りなので・・・。

ワケの分からない質問にご返事いただきどうもありがとうございました。m(_ _)m
| neo | 2010/09/05 9:45 AM |

neoさん、コメントありがとうございます。

でも...スミマセン
そのCM、憶えがないです(´□`*)

メロディとか歌詞がわかれば...
| tkst | 2010/07/21 1:07 AM |

はじめましてこんばんわ。

PINKにお詳しそうですので、1つ質問をさせていただきたいのですが、昔何かのCMでプロペラをつけた空飛ぶ船が飛んでいる茶色っぽい色合いのアニメのBGMにPINKの曲が流れていたのですが、そのCMで使われている曲名ってご存知でしょうか?

そのCMでPINKの曲が使われていることと、メロディは覚えているのですが、どうしても曲名が思い出せません。

よろしければお教えいただけると幸いです。
| neo | 2010/07/17 3:18 AM |











+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ