真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< songs of david byrne and brian eno | main | PARADISE BLUE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
トーキング・ヘッズ Talking Heads
JUGEMテーマ:音楽
 

 "頭でモノを言う"頭脳派インテリロックバンド
 トーキング・ヘッズ TALKING HEADS

会話中のクローズアップを指すTV用語に由来するバンド名からは

"頭でモノを言う"頭脳派グループを連想させますが

実際もまた、そのイメージまんまにスタイルをどんどん進化/深化させてきた

インテリロックバンド=トーキング・ヘッズ Talking Heads


 


アートスクール時代からの友人だったデヴィッド・バーン(g,vo)クリス・フランツ(ds)

クリスの彼女で同じスクール仲間だったティナ・ウェイマス(b)にベースを仕込み

75年に結成されたトーキング・ヘッズは、パンクのメッカ=CBGBでのライヴ活動を経て

771月、シングル「LoveBuilding on Fire」でデビュー

そして、ハーバード大学出身〜元モダン・ラヴァーズという

このインテリバンドにピッタリすぎる、華麗なる経歴のジェリー・ハリスン(kb)が加入

779月、初期ヘッズの名刺的シングル「Psycho Killer[92]を含む

1stTalking Heads77[97/60]を発表


 


トーキング・ヘッズは、業界からの注目度がより高かったバンドだったのですが

そんなヘッズにいち早く食いついたのが、鬼才ブライアン・イーノ

そしてそんなイーノに早速プロデュース依頼をしたヘッズは

78072ndMore Songs About Building And Food[29/21]

7908 3rdFear Of Music[21/33]

8010 4thRemain In Light[19/21]

…と立て続けに発表

             デヴィッド・バーン×ブライアン・イーノ [09/2/2の記事]

 

イーノが携わることで、ヘッズはその音楽性をグングン高めていくわけですが

その最初の到達点=ロック×アフロファンクが融合した『Remain In Light』の音を再現べく

80-81年のツアーから、ヘッズは人種混合ミュージシャンを多数加えてビッグバンド化

特に…ティナには到底出せなかったバスタ・ジョーンズ(b)のクロいグルーヴや

ヘッズのメンバー以上に"トーキング"するエイドリアン・ブリュー(g)の
饒舌なギター
プレイ、スゴすぎです。

 

    ちなみにブリューはこの時期、ティナの独断でヘッズ加入を誘われていたらしい

    結局ブリューは、81年キング・クリムゾン再結成に参加するわけですが

    バーンのパクリとしか思えないヴォーカルも兼ねる

    まさに"トーキング・クリムゾン"なブリューの立ち位置も

    "頭でっかち"なダンスグルーヴでもって再生したクリムゾンの音楽性も

    なんとなくトーキング・ヘッズとカブります。

    もしブリューがヘッズに加入していたら…と考えるとちょっとワクワクしますが

    これだけキャラがカブる主役級の加入をバーンはゼッタイOKしなかっただろうなぁ…



 

またその『Remain In Righr』ツアー終了後の81

イーノとバーンの蜜月関係から生まれた、メンバー間の緊張関係を緩和すべく

メンバーはそれぞれソロ活動を展開

そして、そのブランクを埋めるべくリリースされた

823月にリリースされたライヴアーカイヴ

The Name Of This Band Is Talking Heads[31]を経て

そのディスク2に収録された、ビッグバンドフォーマットでもって

833月、イーノ抜きでイーノ志向を昇華したセルフプロデュース作

かつグループ初のミリオンヒットを記録することになる

5thSpeaking In Tongues[15/21]を発表

Remain In Light』以前からのポップ/ソウル志向に

Remain In Light』以降で得たポリリズムなリズムアンサンブルが加味された

80sインチキブルーアイドソウルの極み

 

8410月、続いてリリースされたのは、前年のツアーを収めた

またまたライヴアルバムStop Making Sense[31]

日本の能をイメージしたという、バーンのブッカブカのビッグスーツとか

バーンの弾き語り「Psycho Killer」にはじまり、徐々にメンバーが増えていって

ビッグバンドによる「Burning Down The House」でクライマックス迎える展開とか

のちに『羊たちの沈黙』[91]で名を馳せるジョナサン・デミ監督が撮った

同名ライヴ映画のイメージがあまりに濃すぎる、重要作。

            でも実は…"頭でモノを言う"バンド=トーキング・ヘッズは
            「考えるのをやめろ(Stop Making Sense)」というタイトルとおり
            "バンド"としてはこのアルバムで終焉していたのかもしれません…



 

こうして『Speaking In Tongues』とそのライヴ『Stop Making Sense』で

イーノ路線を自ら総括してみせたヘッズの次の一手は…原点回帰

 

8506月発表の、6thLittle Creatures[20/10]

ワールドミュージックからルーツミュージックへ回帰

そして4人のメンバーだけによるシンプルなアンサンブルへ回帰したものの
8610月発表の、7thTrue Stories[28/7]

バーン監督による同名映画の劇中歌を

ヘッズが演奏した作品だったことからもわかるとおり

イーノ介入〜ビッグバンド化を経て原点回帰したヘッズのイニチアシヴは

この頃には完全にバーンが掌握



 

そして…バーンの止まらないエスニック志向は、今度はラテンにまで行き着き

884月、結果的にラストアルバムとなる8thNaked[19/3]を発表

もはやヘッズというバンド形態にこだわらないバーンは

またまたセッションミュージシャンを大量導入

JB・ミーツ・ラテンミュージックな「Blind」など、あまりにカッコよすぎる反面

もはやコレ、トーキング・ヘッズやないな〜ときっとだれもが感じたはず。

 

自身の脳内音楽を具現化するには
もはやトーキング・ヘッズというフォーマットではムリ
ということか…
バーンはその後、『Naked』路線まんまのソロ『Rei Momo』でソロ活動を本格化

一方ヘッズとして、サントラ曲「Sax and Violins[91]
新曲「Lifetime Piling Up[92]を含む
9210月発表のベストアルバム

Sand Iin The Vaseline: Popular Favoritesを発表
そしてそれを最後にトーキング・ヘッズは実質解散



そしてその後…
バンド存続時から続いていた、バーンとほかのメンバーとの確執は
ほかのメンバーがバーン抜きでトーキング・ヘッズを名乗るとか言い出したことから
いよいよ訴訟問題にまで発展

結局、バンドの"トーキング"担当だったバーン抜きで
"The Heads"名義で『No Talking Just Head』[96]を発表
でも、トーキング・ヘッズの"頭脳(ヘッド)"でもあったバーン不在なだけに
"頭カラッポ"で"ノー・トーキング"な、薄っぺら感漂うアルバムでした

そんな後味のワル〜イ終焉を迎えたトーキング・ヘッズでしたが…
02年のロックンロール殿堂入り式典で、約10年ぶりにワンナイト再結成
これでもって、トーキング・ヘッズはようやく成仏することができたのでは…

| overseas S, T, U | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ