真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< Wings Over America | main | DA BUBBLE GUM BROTHERS #2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
DA BUBBLE GUM BROTHERS #1
JUGEMテーマ:音楽

やっぱりというか、期待どおりというか…
EXILE&倖田來未によるカヴァー「WON'T BE LONG」[06]は
2年かけてついに
バブル再生という嬉しい経済効果(?)をもたらす結果に…

ということで今回は…
祝・再結成
バブルガムブラザーズDA BUBBLE GUM BROTHERS特集

「ヤンヤン歌うスタジオ」などで活躍していた コミックシンガー近藤伸明=Bro. KORN

「お笑いスター誕生」で警官コントで人気を博していた小柳トム=Bro. TOM


そんな"お笑い芸人"だった2人は、音楽好きが興じて
「六本木と新宿の弾き語りの店で、2人でよくブルースを歌っていた」らしく
「ブルースブラザーズ風のソウルデュオを結成しよう」と意気投合
83年に「バブルガムブラザーズ」(以下BGB)を結成


芸人さんのサイドワークというにはあまりに本格的過ぎる
ブルースブラザーズ、あるいはサム&デイヴ・マナーの
60年代リズム&ブルースのカヴァーライヴが話題となり
85年、ついにメジャーデビュー

THE BUBBLE GUM BROTHERS 1985-1986
Bro.KORN (vo) / Bro.TOM (vo)

 


 SOUL SPIRIT Part
        The Bubble Gum Brothers [85/9]

 忘れじのエヴリナイト / 不注意なLove Song / 下心もいとしさで / Working
 Class Solitude /
そんな今夜悲しくて
Love Sick / SOUL SPIRIT Part/
 はにかみのプライバシー / 灯ともし頃の
Baby Blues / 移り気の
 4 SEASONS / 心残りのアヴェニュー

 

 JAMBOREE 
        The Bubble Gum Brothers [86/4]

 ソウル・ジャンボリー / MY HEATWAVE / ほほにサンセット / 口ぐせの
 Good Bye / トラブル・ラッシュ / Hard Luck Joker / 潮時・ポーカーフェイス
 / Be Dynamite /
あきらめきれない
Soul Men / DESTINATION / ソウル・ジャ
 ンボリー〜
REPRISE

 


    ・忘れじのエヴリナイト [85/3]
    ・不注意なLove Song [85]
    ・心残りのアヴェニュー [85]

    ・潮時・ポーカーフェイス [86/4]
    
・トラブル・ラッシュ [86/7]

YouTubeなんかで観ることのできる
デビュー当時の本格的R&Bカヴァーのカッコよさには、今さらながら唸らされますが
コレをまんまパッケージしたアルバムをリリースするマーケットが
まだ当時の日本にはなかったということなのでしょうか?

デビューアルバム『SOUL SPIRIT Part供も、2nd『JAMBOREE』
ジャケだけ見て「ブルースブラザーズっぽくてカッコよさそう」と期待して聴いたら

「なんや、ただの打ち込み歌謡曲やん」とガッカリすること間違いナシの
ソウル魂もジャンボリー感も希薄な、80年代サウンドをまとった完全なる歌謡曲

そもそも和製ブルースブラザーズを伊藤銀次がプロデュース

…という段階ですでに人選ミスな気がしますが 楽曲もすべて外注歌謡曲

当時はまだまだ黒人音楽が一般的に浸透していなかったし

さらに黒人音楽に精通した"売れる"プロデューサーも少なかったんだろうなぁ


 

 非難GO-GO
        The Bubble Gum Brothers [87/6]

 BUBLE GUM GO-GOFREAK BODY / FUNKY GAS / 毛皮を着た
 ヴィーナス/ 3回目の女 / 非難GO-GO / ブギーの若大将 / 愛の
 ディスコ・スタンプ / 東京Last Night / I can say, my only love

 

・ブギーの若大将
[87/5]


THE BUBBLE GUM BROTHERS 1987
Bro.KORN (vo) / Bro.TOM (vo) / Bro.KAZ (g) / Bro.DYNA (g) / Bro.YETI (sax) / Bro.ROHA (tp) / Bro.MOO (b) / Bro.TORU (ds)

結局、「ブルースブラザーズ・コスプレによる歌謡曲」路線で
まったく売れなかったことを踏まえて、ルックスもサウンドもガラッとイメチェン

3rd『非難GO-GOからBGBは、ソウル"デュオ"ではなく
バックバンド含めたソウル"グループ"にシフトチェンジ


さらにサウンドも、これまでの60sソウル的アプローチから一転
ヒップホップ色を強め、当時流行っていた"GOGO"を大胆導入
↑トラブル・ファンク、流行りましたね〜

GOGO、つまりBPM90ほどの163連系のハネたビート×パーカッションという

基本ビートにのせて、ラップ?でアジる??…というスタイルですね


作詞いとうせいこう・作編曲プロデュース村松邦夫による
ディープなGOGOナンバー「FUNKY GAS」とか、今聴くとかなりカッコイイ

    ・ガタガタ 〜そうる別れ話〜
[87/11]
     
・涙 街角 イルミネーション [88/3]


 

 内黒SOUL大臣
        The Bubble Gum Brothers [88/10]

 SOUL大臣 / 恋はI MY ME MINE / 渚のバード・ウォッチング/ Hは二人の合
 言葉 / とめどなくレゲー / 俺のジェリービーンズ / フーチークーチー
 MOON / おたかくとまれ / ハトバスストップ / 気付いた時にはせつなくて /
 君と踊ろう'88
'89


 
    ・SOUL大 [88/7]
    ・俺のジェリービーンズ [88/10]

そして4th『内黒SOUL大臣』で、バンドメンバーの人事異動を経て
作詞作曲からアレンジ・プロデュースまで自らこなす
セルフコンテインド(自給自足)グループとして完全リニューアル


音楽的イニチアシヴはKORNサンが握っていて
楽曲も、作詞TOMサン/作曲KORNサン がそれぞれ担当
そしてアレンジ/プロデュースが、BGB(バンド)…というのが基本スタンスみたいです。


THE BUBBLE GUM BROTHERS 1988-1989
Bro.KORN (vo) / Bro.TOM (vo) / Bro.YETI (sax, band master)  / Bro.KAZ (g, leader)  / Bro.DYNA (g) / Bro.ROHA (tp)  / Bro.CASIBORN (kb) / Bro.SHAKE-IT!! (b) / Bro. RICE (ds)

ところでBGBって、どうも音楽的に過小評価されがちですが…
たとえば、リーダーのBro.KAZサンは
実は、CHARサンが在籍していた伝説のグループ"Smoky Medicine"の
前身バンド"Shock"のギタリスト=南沢和孝(現・カズ南沢)サンだったり
み〜んな"芸名"なんで一瞬わからないけれど
現在でもバリバリ現役で活躍している猛者ばかり…そりゃあ巧いわけです。

その激アツグルーヴを象徴しているのが、タイトル曲SOUL大臣」

当時「最新型R&Bは久保田利伸や大沢誉志幸に任せて ←時代を感じる…

オレたちはコッテコテのファンクをやる」みたいなコメントをしていましたが

冒頭の「ワン、トゥー、Hit Me」の掛け声からすでにモノマネモード全開

タイトルともども"ファンキー大統領"⇒"総理(SOUL)大臣"と

和製ファンクに見事転化した、ジェームズ・ブラウン直系のキラーチューン


 

 YAPPA J.B
        The Bubble Gum Brothers [89/10]

 やっぱJ.B / キングサイズ・コーク / HARLEM 125 / かあいい女よ / ジョディ
 ーはアンの妹 / ヘイ!TAX / 恋はうたたか
/ UIRO BEAT名古屋'89〜'90 /
 チョップスティック ソウル / 罪なEVERYNIGHT / 渚はパラダイス
/ SHIT! IN
 THE BOX

 

    ・ヘイ!TAX [89/7]

タイトルに思いっきりJBを冠した5thYAPPA J.B

なんといってもタイトル曲「やっぱJ.Bがスバラシイ

またJBかいと一瞬突っ込みたくなりますが

同じJBでも今回は、JBがヒップホップ集団フルフォースとガップリ組んだ

I'm Real[88]直系の、オールド+ニュースクール融合型ファンク!

レコードのプチプチ音とか、低音カットの音処理とか

♪ジェェェェェ〜〜〜ィムズ ブラァァァァァ〜〜〜ゥンという

TOMサンによるダニー・レイのモノマネMCとか…狙いすぎです


ちなみに歌詞は、当時"お勤め"中だったJBへの
「帰って来いよ〜」的ラヴコールに終始していますが
♪この前会いに行ったのさ そしたらどうにも頭堅くて 門前払いくらったよ〜
…って、そら当たり前やわ

 

 BORN TO BE FUNKY 〜ファンキーでいこう!!
        The Bubble Gum Brothers [90/9]

 あの娘のダンスにくびったけ / THE蹴んなよ / RETURN TO ME / 渚 その
 後で / WON'T BE LONG / うちひしがれても / 天国へのパスポート /
 き獣たち / 恋にふるえて
/ GIVE YOU MY LOVE

 

    ・WON'T BE LONG [90/8]
    ・あの娘のダンスにくびったけ [90/11]

KORN
サンが作詞を担当した、当時人気絶頂だった久保田利伸のシングル
GIVE YOU MY LOVE[90]が発表されたタイミングのリリースとか

いろんな面でバブルのターニングポイントとなったのが

6thアルバムBORN TO BE FUNKY 〜ファンキーでいこう!!〜』


 

THE BUBBLE GUM BROTHERS 1990-1991

Bro.KORN (vo) / Bro.TOM (vo) / Bro.YETI (sax, band master) / Bro.KAZ (g, leader) / Bro.ROHA (tp) / Bro.SHAKE-IT!! (b) / Bro. RICE (ds) / Bro.KEN KEN (perc, kb) / Bro.SHELL (kb)


ます、人事異動…Bro. DYNAサン(g)Bro. CASIBORNサン(kb)が脱退
代わりに、
ずっとサポート参加だったBro. KEN KENサン (土井通宏Ken Keng /perc,kb)

そして新たにBro. SHELLサン (貝原正 /kb)が加入

アレンジャーとしても活躍してきたこの2人の加入により

楽曲完成度(というかキーボードアレンジの比重)が飛躍的に向上

 

そして最大のターニングポイントとなったのが、先行リリースされた
BGB最大のヒットシングルWON'T BE LONG

 

        9008月    シングル発表

        9103月    「オールナイトフジ」最終回にKORNサンが出演
                            
WON'T BE LONG」を歌ったところ、問い合わせが殺到

        9110月    チャート3位を記録(55万枚)

        9112月    HOUND DOG欠場にともなう繰り上げ当選により、紅白歌合戦出場

        9201月    ついにミリオン(120万枚)達成

 

デビューしてず〜っと売れないまま4年がたったけれど
それも「長くはないだろう(
Won't Be Long)」と
KORNサンが奥様に向けて歌ったこの曲が、1年半かけてミリオンヒット
…という浪花節なサクセスストーリーがなんとも演歌的です。売れ方含め。

 

            ちなみにこの「WON'T BE LONG
            詞曲ヴォーカルすべてKORNサン1人によるソロ曲

            これまでもアルバムにはソロ曲が収められていました

            それが売れちゃったんで、テレビに出まくっていたときの

            ただ横でアジるだけのTOMサンは、若干ビミョ〜でしたが…


そしてBGBは、この「WON'T BE LONG」の大ヒットによって
M-1王者のごとく取り巻く状況が激変
以降文字どおり"バブル景気"に突入することになります。


 DA BUBBLE GUM BROTHERS #2
| japan A, B, C | 00:00 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
元ギターの方は、南沢和彦さんだと記憶しています。
地元で経営していらしたお店で、ゲルシー閣下ことMC仁義さんが働いてらしたのを見かけました。

バブルガムブラザーズのオープニングアクトを、Eastendが長らくつとめていたり、ラッシュやライムスターなどもライブに駆け付けるなど、現在日本のヒップホップシーンにも少なからず影響したバンドではないでしょうか。
| さくら | 2012/02/15 5:29 PM |











+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ