真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< LET IT BE... NAKED | main | McCartney >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
The Police "Certifiable"
JUGEMテーマ:音楽

 


大規模な再結成ツアーを敢行したザ・ポリス The Police
この1年、"もっとも稼いだミュージシャン・ベスト10"のトップに輝いたんだそうです。
(米Forbesによる集計、対象期間は2007年6月から1年間)
その額、合計1億1,500万ドル(約120億円)って、想像すらできないですが…

そのハイライトといえる、ブエノスアイレス公演を収録した
ライヴDVDCertifiableをようやく買いました。

 

ポリス再結成に対しては、期待する半面

やっぱり現役時代に比べたらきっとショボイんじゃないか

…と、どこか半信半疑な気持ちがず〜っとあったこともあり

このDVDをず〜っと買うか買わないか迷っていたのですが、

ちょうどこの土曜日、仕事でちょっとイイことがありまして

 自分へのご褒美、ということで思い切って購入

部屋を真っ暗にして、ヘッドフォン大音量で
ポリス再結成ライヴをヴァーチャル体感

 

やっぱり5.1chサラウンドの音はイイなぁ

スティングのベースの細やかなピッチとか

スチュワート・コープランドのハイハットワークとかまで
リアルにくっきりと聴こえます

 

今回の再結成ライヴは、サポートメンバーなしの「完全3ピース体制」

ただ、数曲ではコーラスやシンセパートを同期させたり

3人がつけてるイヤフォンはそのため?

フットコントロールシンセを使ったりして補っているようですが

 

結論から言うと…めっちゃカッコよかった

「大人のポリス」も、捨てたモンじゃない

というか、コッチのグルーヴのほうが個人的にはツボかも。



オープニングのMessage In A Bottleは、なんか3人のアンサンブルが

ビミョ〜に噛み合ってないような感じもあり

あ〜やっぱり期待しすぎたかぁと一瞬感じましたが…



2曲目のSynchronicityでその印象は一転!!
ィョオォォォ〜〜〜
オォォ〜〜ォ〜

 

おおおおおおお〜〜〜〜ッ、めっちゃカッコイイ〜〜〜〜〜

ステージに映し出されるグラフィックも
3色の、完全に『Synchronicity』仕様!
スティングのベースが、ダウンピッキングから指弾きに変わっただけで

ここまでグルーヴが劇的に変わるとは

昔はただのノイズか!?とさえ感じたこの曲でのアンディのソロも

理論的にクレイジーなフレーズでカッコイイ

 

だけど、このDVDにはどうしても譲れないマイナスポイントが1箇所だけあって

…それが、ライヴ後半のお約束インストRegatta De Blanc

 

ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ! ♪ィエエエエエ〜〜〜!!!!!

↑このスティングのシャウトがポリスファンには至極の瞬間のはずなんですが…

今回の再結成ライヴでは

ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ!ィエ! ♪ィエェェェ〜

↑えええええええ〜〜〜〜〜ッ!?!?!?
声出ないから仕方なかったとはいえ、ここだけはゼッタイいるやろ〜〜〜

イク直前で寸止めされた感覚にも似た、異常な欲求不満に襲われます

文面では伝わりきらないと思うので、ぜひ聴いてみてください。
 

「完全ノーギミック」を貫いて、凡ミスも含めて

まんま録って出しリリースしたのは英断なんだけど

ココだけは、ィエエエエエエエ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!! を被せて

至極の瞬間をヴァーチャル再現してほしかったなぁ

このDVDを観たあとすぐ

Synchronicity Concert』収録の「Regatta De Blanc」を観て

欲求不満を解消したのは言うまでもありません。



 

このポリス再結成ライヴのいちばんの旨味は

各メンバーの格段に向上したプレイヤビリティ


 

なんといってもスティング

ポリス現役時代にはなかったジャジーでクロいグルーヴ感を醸し出しています。

スティングのベースって、当時はピック弾きだったんだけど

この再結成ライヴでは、(ソロのとき同様)フィンガープレイに終始。

そのせいもあって、ベースラインがまぁ動く動く!

たま〜にテンポが走ったりモタったりするのが若干気になるけれど

これだけ歌いまくりながらこのプレイ、と考えると…やっぱり巧いわ、スティング。

 

さらにそのヴォーカルはというと

さすがに現役時代の思いっきりハイトーンヴォイスはキツイみたいで
結構キーを下げて歌ってる曲も多かったんだけど
それを十分に補う、いぶし銀ヴォーカルを聴くと…やっぱり巧いわ、スティング。

で、キーを下げたこと自体、意外と気にならないんですよ。その巧さもあって。

 

そして、アンディ・サマーズのギターも

ポリス現役時代に比べて格段に存在感アップ

かつては、スティングに封印されるほどビミョ〜なギターソロでしたが

再結成ライヴでは、スティングの喉を休めるためもあって? ギターソロ全面解禁!!

ここぞとばかりに、ワイルドかつトリッキーに弾きまくりです。

で、このソロが現役時代と比べて、断然カッコイイ
特に「When The World Is Running Down,...」での
アンディの長尺ギターソロと、スティングのランニングベースとの絡み、最高!!


ちなみにスティングの、57歳とは思えない身体の締まり具合とは対照的に
完全にメタボ体型なアンディ・サマーズですが
よくよく考えるとこの人、現在65歳ですよ そう考えると断然若いか
 


というように、年齢相応の旨味で魅せるスティングとアンディと対照的に

基本変わらないのが、ココリコ田中スチュワート・コープランド

相変わらず手数の多い、常に全力で叩いてます的な出しゃばりドラム


でも、この人がガンガンドラムを叩いてこそ

このアンバランス手前のギリギリのところで成り立ってるアンサンブルこそ

ポリスサウンド、という気はしますが。



 

 
ここで演奏されるポリスクラシックのほとんどは

もはやスティングの持ち歌といってもいいくらい、ソロのレパートリー常連だし

しかも06年「再結成の慣らし運転」的に敢行した、最小限コンボによるソロツアーを経て
ポリス再結成に臨んでるだけに、
スティングのコンディションは当然イイし

このライヴのクオリティの高さもそれに比例してイイ

 

そのせいか、アンディもスチュワートも

スティングの意向にできる限り沿ったアンサンブル重視のプレイに終始

それでも随所に"オレオレプレイ"は出てきますが

 

だからこのポリス再結成は、プレイヤビリティ的にはスバラシイ半面

ポリスっぽいかということになるとちょっとビミョ〜で

ポリスの曲なんだけど「スティングの持ち歌の、ポリスヴァージョン」

を聴いているような感覚があるのも事実。


さらに…いちばんアレンジが斬新だった
パーカッシヴなアフロファンクにアップデイトされた
「Walking In Your Footsteps」を聴くと
これって、アンディとスチュワートじゃなくても成立するというか
完全に「スティング+バックバンド」というくらい、2人が霞んで感じてしまうわけですよ。
要は、この3人で「新しいモノ」を生み出す、というモードじゃないんだなぁと。
相変わらずスティングとスチュワートは犬猿の仲みたいだし
 

僕は、直感に従う傾向がある
80年代に
(バンドを)ストップしたのは正解だったし

今回ツアーに戻ったのも正しい決断だったと思ってる

そして、夏で終わらせるのが相応しいとも思ってる

(スタジオに入ることは)僕の直感が違うと言ってる

[08/2/25Barks]


再結成ツアー後に期待されていた新作について

スティングはこのように、「現時点ではナイ」とコメントしていますが

↑既にソロ活動を再開しているしね
このライヴDVDを観ると、なんか判るような気も…


THE POLICE / CERTIFIABLE [08/11/19]
Message In A Bottle / Synchronicity II / Walking On The Moon / Voices Inside My Head / When The World Is Running Down, You Make The Best Of What's Still Around / Don't Stand So Close To Me / Driven To Tears / Hole In My Life / Truth Hits Everybody / Every Little Thing She Does Is Magic / Wrapped Around Your Finger / De Do Do Do, De Da Da Da / Invisible Sun / Walking In Your Footsteps / Can't Stand Losing You / Regatta De Blanc / Roxanne / King Of Pain / So Lonely / Every Breath You Take / Next To You

| overseas P, Q, R | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ