真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< アパッチカレー [帯広] | main | ビートルズ plays the Beatles >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
リンゴ・スター Ringo Starr (後編)
JUGEMテーマ:音楽
 
 

ソロ活動序盤戦の華やかさとは真逆の低迷期を過ごした、70年代後半以降のリンゴ・スター。ポール・マッカートニー『Tug Of War[82]・『Pipes Of Peace[83]・『Give My Regards To Broad Street[84]、ジョージ・ハリスン『Cloud Nine[86]といった、ビートルズ濃度の高い各々のソロ作品にゲスト登板するなど、コンスタンスに活動はしていましたが、リンゴ自身はというと、ニューウェイヴの波に飲まれ音楽シーンの「Old Wave」と化し、さらにプライヴェートではアル中になってしまったり…と苦難の時期だったようです。

 

そんなリンゴ・スターにとって、自身の活路を見出すきっかけとなったのが、ジョージとともに出演した87年の「プリンストラストコンサート」。その大トリで豪華メンバーに囲まれて歌った「With A Little Help From My Friends」で完全にスイッチの入ったリンゴは、そのライヴ同様"堂本ブラザーズバンド"的コンセプトで、豪華メンバーによるスーパーバンド=リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドを結成!89年以降メンバーを随時更新しつつ、不定期ながら現在までドサ廻りツアーを展開。

リンゴ・スターのライヴアルバム (再編集盤などを除く)
   
    

Ringo Starr & His All-Starr Band [90]

Ringo Starr & His All-Starr Band Vol.2 -LIVE FROM MONTREUX- [93]

Ringo Starr And His All-Stars Band Volume One [97]

Ringo Starr /VH1 Storytellers [98]

Ringo & His New All-Starr Band [02]

Ringo Starr And His All-Stars Band Tour 2003 [04]

Ringo Starr /Live At Soundstage [07]

Ringo Starr And His All-Stars Band Live 2006 [08]

 

そのオールスターバンド名義のモノを中心に、90年代以降にリリースしたライヴアルバムの多さといったら…まぁそれだけ(豪華メンバーの人件費含め)興行費自体が高くつくライヴなんだろうけれど。個人的には、ほかのアーティストの曲が半数近く占めている上に、リンゴの曲もビートルズ時代〜ソロ黄金期の曲に偏った新鮮味に欠ける選曲で、これらのCDをなかなか買うふんぎりがつかず…。ということで、オールスターバンド名義ではなく
05年に行われた、ソロ名義によるオールタイムベストライヴのコレがオススメ!

 

Live At Soundstage [07/10]

With A Little Help From My Friends / It Don't Come Easy / Octopus' Garden / Choose Love / I Wanna Be Your Man / Don't Pass Me By / I'm The Greatest / Memphis in Your Mind / Photograph / Never Without You / Back Off Boogaloo / Boys / Yellow Submarine / Act Naturally / With a Little Help From My Friends


90年代以降の、リンゴ・スターのソロアルバム
(スタジオ盤)

     

Time Takes Time [92/3]

Vertical Man [98/6][US#61/UK#85]

I Wanna Be Santa Claus [99] ※クリスマスアルバム

Ringo Rama [03/3][US#113]

Choose Love [05/6]

Liverpool 8 [08/1][US394/UK#91]

 

Vertical Man [98/6][US#61/UK#85]

一方、そのライヴアルバムの間を縫うように(フツー逆やろ〜!!)たま〜にリリースされる近年のソロアルバムの中でも、一際ビートルズ濃度が高いのがコレ。そのワケは当然、ジェフ・リン・プロデュースによるポールの『Flaming Pie』[97/リンゴ参加]に続く、「ビートルズ・アンソロジー」プロジェクトにほかならないのですが…70年代のように作曲からプロデュースまで全面参加とはいかないものの、ポール(vo,b)4曲、ジョージ(g)2曲でそれぞれゲスト参加。特にジョージのスライドギターが冴えるヴァーチャル・ビートルズなKing Of Broken Heartsは、かなりグッときます。さらに、オリジナルレコーディングでスタジオミュージシャンにドラムの座を奪われた積年の恨みにケリをつけるかのように、「Love Me Do」のカヴァーも収録。


このアルバム以降、リンゴと元ビートルズ(というかポール)との絡みはありませんが…01年11月に亡くなった親友ジョージ・ハリスン追悼曲として、リンゴは初期ビートリーな「Never Without You」[『Ringo Rama』収録/03]をリリースしています。←ちなみにギターはエリック・クラプトン!!

 
 

ビートルズの元メンバーが参加した、リンゴ・スターの楽曲

Stardust from the album Sentimental Journey [70]

Paul McCartney (arrangement)

It Don't Come Easy (starkey)  from the single [71]

George Harrison (g, produce)

Early 1970 (starkey) from the single It Don't Come Easy [71]

 George Harrison (g, p)

Back Off Boogaloo (starkey) from the single [72]

George Harrison (g, produce)

Photograph (starkey/harrison) from the album Ringo [73]

 George Harrison (g)

Down And Out (starkey) from the single Photograph [73]

 George Harrison (g, produce)

Sunshine Life For Me (harrison) from the album Ringo [73]

 George Harrison (g, vo)

You and Me (harrison/evans) from the album Ringo [73]

 George Harrison (g)

You're Sixteen from the album Ringo [73]

 Paul McCartney (mouth sax, vo)

Six O'Clock (mccartney) from the album Ringo [73]

 Paul McCartney (p, syn, vo)

I'm the Greatest (lennon) from the album Ringo [73]

 John Lennon (p, vo) / George Harrison (g)

Goodnight Vienna (lennon) from the album Goodnight Vienna [74]

 John Lennon (p)

Only You from the album Goodnight Vienna [74]

 John Lennon (g)

All By Myself (poncia/starkey) from the album Goodnight Vienna [74]

 John Lennon (g)

Cookin' (lennon) from the album Ringo's Rotogravure [76]

 John Lennon (p)

I'll Still Love You (harrison) from the album Ringo's Rotogravure [76]

 George Harrison (composing)

Pure Gold (mccartney) from the album Ringo's Rotogravure [76]

 Paul McCartney (vo)

Private Property (mccartney) from the album Stop And Smell The Roses [81]

 Paul McCartney (b, p, produce)

Attention (mccartney) from the album Stop And Smell The Roses [81]

 Paul McCartney (b, p, produce)

Sure To Fall from the album Stop And Smell The Roses [81]

 Paul McCartney (b, p, produce)

Wrack My Brain (harrison) from the album Stop And Smell The Roses [81]

 George Harrison (g,vo, produce)

You Belong To Me from the album Stop And Smell The Roses [81]

 George Harrison (g,vo, produce)

I'll Be Fine Anywhere from the album Vertical Man [98]

 George Harrison (g)

King Of Broken Hearts from the album Vertical Man [98]

 George Harrison (g)

What in the... World from the album Vertical Man [98]

 Paul McCartney (b, vo)

Mindfield from the album Vertical Man [98]

 Paul McCartney (vo)

I Was Walkin' from the album Vertical Man [98]

 Paul McCartney (vo)

La De Da from the album Vertical Man [98]

 Paul McCartney (vo)

| *** Beatles, the | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ