真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< SLY & THE FAMILY STONE, part 2 | main | middle&mellow of CRAZY KEN BAND >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SLY & THE FAMILY STONE, part 3
JUGEMテーマ:音楽

 

 78年、エピックとの契約満了(解消)にともない、ワーナーに移籍。そして翌79年、
 (またも)「スライ復活」と銘打って『Back On The Right Track』を発
 表。プロデュースは、マーヴィン・ゲイ&ダイアナ・ロスのデュエット作でもおなじみ、
 マーク・デイヴィス。これまですべてセルフプロデュースを貫いてきたスライが、(もはやセルフプロデュースはムリだったから!?)初めて外部プロデューサーに委ねたわけですが…その内容はかつてのスライサウンドの焼き増し的楽曲ばかり そもそもこの"スライ復活"も、世間的に再評価が高まったわけでもなく、単に売り手側の演出・戦略だったわけで…当のスライ本人はというと、相変わらずドラッグにドップリという、とても復活とはいえないコンディションだったらしい(というか、ジャケ写見たらわかるか)。ただ、スライ本人さえ「ワーナーに音楽を変えさせられた」と否定するこの作品、発表された時期が悪すぎただけで、個人的には言うほど悪くないと思うのですが…。

 

 80年代なると、同じレコード会社繋がりということもあり、ジョージ・クリントン
 (元大統領じゃないよ)率いるP-Funk軍団と合流、ツアーやレコーディングに
 も参戦。加えて、なんとスライ×クリントンの双頭アルバム製作にも着手
 (ドラッグつながり?)!でも、クリントンはワーナーとの訴訟問題(のコトとかね)でかなりモメていた時期で、やがて降板。一方スライはスライで、恒例のドラッグ癖でやっぱりグダグダで結局頓挫したこのプロジェクトのデッドストックを、プロデューサー=スチュワート・レヴィンがなんとか形にしたのが、『Ain't But The One Way[82]

たとえば、デモ段階(P-Funk All-Stars未発表曲集に収録)ではラフなファンクだった「Who In the Funk Do You Think You Are」が、完成版ではなぜか(当時流行の)産業ロックみたいなアレンジになっていたり…たぶん全体的に相当差し替え/オーヴァーダブを施しまくって"聴きやすい"音に仕上げちゃったんだろうなぁ。製作過程がそんななんで、スライ濃度は当然超薄めですが、その中でデモまんまを収録したかのようなローズ弾き語り「Sylvester」は、タイトル同様"スライ・ストーン"という仮面を脱いだ"シルヴェスター・スチュアート"による、44秒の心の叫びのようで、なんか切なくなってしまいます。


--------------------------------------------------------------------
 

その後またまたドラッグやら色々で逮捕されたり…とグダグダのスライも、84年頃からのリハビリが実りようやく更生 で86年、A&Mに移籍したスライは、恒例フレーズ「スライ復帰」を大々的にアピールしつつ、前線復帰。当時"スライの再来"とさえ言われていたプリンス周辺アーティスト=ジェシ・ジョンソンとのデュエット「Crazay[86]のスマッシュヒット(R&B#2)、サントラ『Soul Man[86]・『Burglar[87]への楽曲提供、と前哨戦まではよかったのだけれど…当のスライはというと、これらのレコーディング中でさえトイレにこもってキメていたらしい。スライにとっては"やらされ感タップリ"だったのかも…で結局、スライの復活劇はここまでで打ち止め


 


・Crazay
/Jesse Johnson featuring Sly Stone
 Shockadelica [86]

・Love And Affection /Martha Davis & Sly Stone "Soul Man"[86]

・Eek-Ah-Bo-Static Automatic /Sly Stone "Soul Man"[86]

I'm A Burglar /Sly Stone "Burglar"[87]


 
(左)01年に一堂に会したファミリー・ストーンの面々 / (右)06年グラミー受賞式典でのスライ

その後、90年代以降の長い長い隠匿状態を経て、06年のグラミー受賞式典でついに"復活"するのですが、それまでに約20年を要しているわけで…復活後のあまりにイタ〜イパフォーマンスを見ると、やっぱり復活するには年をとりすぎたと思わずにはいられません。だって現在スライは64歳ですよ、しかもドラッグ歴40年の。ただ、ライヴではなく"新作"となると、話は別。隠匿生活中もコツコツデモは録りためていたらしいので、数年後、もしかしたら、もしかするかも…!?

| overseas S, T, U | 00:00 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
そーそーそーそー
コレ、思いっきり"プレ『暴動』"な音ですよね。

ちなみに130Rサンは、ボクの従兄です。
| tkst | 2008/09/18 12:46 AM |

本日 link先に2006年2月までのブログ があるのを発見!
そちらのスライ特集の130Rさんの紹介している

http://www.slyslilsis.com/media.cfm
を今日聞いたんですが僕もシビレちゃいました!!
ムチャクチャかっこいいじゃないですか。

| 地蔵祭り | 2008/09/16 1:15 AM |











+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ