真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< 立花ハジメ | main | C-C-B再結成@うたばん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
PLASTICS再結成!!


「俺たちはテクニックを隠してヘタクソなふりをした"フェイク・アマチュア"だった」
というのは、セックス・ピストルズの登場により巻き起こった
テクニック全否定のパンクムーヴメント真っ只中にデビューした
ザ・ポリスのスチュワート・コープランドのコメントですが…

70年代末の日本のニューウェイヴシーンに登場した
キラリプラスティックス PLASTICS

まさにそんな"フェイク・アマチュア"バンドでした。
正確には…イラストレーターの中西俊夫(g,vo)、スタイリストの佐藤チカ(vo)
グラフィックデザイナーの立花ハジメ(g)、作詞家の島武実(rhythm box)といった
セックス・ピストルズさながらの非ミュージシャン集団に
ポリスのメンバー同様、高いテクニックを持った
元・四人囃子の佐久間正英(b)がプロデューサーからメンバーに昇格加入
高い音楽ポテンシャルでヘタウマバンドを演出する
ニューウェイヴバンドにヴァージョンアップした、ということなのですが。

--------------------------------------------------------------------------------

  

・WELCOME PLASTICS /Plastics [80]
・ORIGATO PLASTICO /Plastics [80]
・WELCOME BACK /Plastics [81]

76年、シロウトパーティーバンドとしてスタートしたプラスティックスは
78年、佐久間正英プロデュースによるフェイクアマチュアバンドに進化
そして79年、なんと日本に先駆けてUK(のインディーズから)デビュー!

ぼくは最初プロデューサーの立場で見てたんですけどね。
「これは成功できるかもしれない」とか考えてて
まさか仲間になってステージに立つとは(笑)思ってもみなかった。
しかも海外にまで売れるとはね。
[佐久間正英]


"シロウトが片手間で演ってます"的なユル〜イスタンスでもって
海外メインの活動を展開していたPLASTICSですが
その非ミュージシャンたちが、ミュージシャンとしてのポテンシャルを高めていく中
やがてメンバー間の音楽性がバラバラになっていき、81年にあっさり解散…。

--------------------------------------------------------------------------------


・FOREVER PLASTICO /Plastics [88]
88年9月、結成10周年記念として再結成ライヴを敢行、さらにベストアルバムも発売。
あの当時のチープな音質に愛着ありますから
再結成ライヴのときもまったくレコードの再現でしたからね。
[佐久間正英]



・ALL ACROSS THE USA LIVE 80 /Plastics [97]
97年11月、結成20周年記念として、80年のNYライヴが発掘リリース。
しかし、当初あった再々結成プランは結局頓挫。
今の時代に聴いても古くなっていなく遜色がないので
再結成する必要がなくなった。
[立花ハジメ]



・ORIGATO 25 /Plastics [05]
05年、デビュー25周年記念として、未発表音源4曲を含むベストアルバムも発売。


--------------------------------------------------------------------------------

そして…結成30周年記念となる07年、CORNELIUSとのジョイントライヴで
キラリPLASTICS再(々)結成!! で、気になるそのラインナップは…

 MELON、PLASTIC SEXといったグループ活動/ソロで
 ニューウェイヴ道を突き進んできた
 "TYCOON TO$H" 中西俊夫(g,vo)
 ソロ〜デザイナー活動を経て、今年THE CHILLを結成
 音楽シーンへ本格再参入を果たした
 "Mr.バンビネーター"
立花ハジメ(g)
 BOOWY、GLAYなどをプロデュースする一方、自らも
 NiNa、The d.e.pといったオールスターバンドを画策した
 "音楽界のフィクサー" 佐久間正英(b)
 …というオリジナルメンバーに、MELON、The d.e.p、THE CHILLで
 それぞれ元PLASTICSと活動をともにしてきた
 "世界のGOTA" 屋敷豪太(ds)が新加入

いちばん熱いノッてるときのライヴも『ALL ACROSS THE U.S.A. 80 LIVE』 っていうライヴ盤として出ている。(ライヴでは)あれを超えることなんかできないし、そういう意味じゃ昔のまんまの再結成ってことには興味がなくて。
立花ハジメ

ファッションシーンで活躍する佐藤チカと
「ごっつええ感じ」「HEY! HEY! HEY!」などのアドバイザーとしても活躍する島武実を除く
新生ヴァーチャルヘタウマバンド=PLASTICS
気になるライヴのセットリストはこんな感じだったらしい。

PLASTICS @Liquid Room 2007/10/29
Copy / I Am Plastic / Robot / .com (新曲) / I’m Waiting For The Man (The Velvet Underground) / Eye Don’t Know (新曲) / Flow (The Chill) / Park / Diamond Head / Cards / 20th Century Boy (T.REX /with小山田圭吾) / Top Secret Man

このニュースを聞いてテンションが思わず上がってしまい
久々にオリジナルアルバムを聴いたのですが…
カッコイイんだけど、音があまりにチープで(リズムマシンだし)
正直途中で飽きてきてしまいました…。

でも、リアルドラマーGOTAさんが加わって、テクニックが備わった
グルーヴィーな新生PLASTICSは、かなりカッコイイはず。
このライヴ、DVDとかで発売されないかなぁ…
というか、新曲もやってるので、来年はリユニオンアルバム発売もアリ…!?
そうなると、中西さんの奥様でもあるチカさんもきっと(ゲスト)参加するだろうし…。

※07/12/13の記事を改訂しました。
JUGEMテーマ:音楽
| japan P, Q, R | 00:01 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ