真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< #2. グラムロッカー、デヴィッド・ボウイ。 | main | 誰が先輩?後輩?ハッキリさせよう!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
#3. フィリーソウルのデヴィッド・ボウイ。
 ジギー・スターダスト満了後の
 デヴィッド・ボウイの次の一手は
 「ソウルミュージックへの接近」
 そして「アメリカ進出」でした。

 プラスティック・ソウルと揶揄されながらも
 代表曲「Changes」を地で行く変貌ぶりでもって
 アメリカ行きのソウルトレインに乗り込んだ
 74-76年のデヴィッド・ボウイを
 今回は振り返ってみました。

JUGEMテーマ:David Bowie
--------------------------------------------------------------------------------

 DIAMOND DOGS (74)
 
produced by David Bowie

 ボウイ自身による一人多重録音をベースにした(初
 の)セルフプロデュースによる7thアルバム。タイトル
 曲や、先行ヒットシングル「Rebel Rebel」など、ジ
 ギー時代の延長線上的ロックンロールに混じって、
 (個人的にメチャクチャ好きな)「1984」など、ますま
 すソウルテイストが濃厚に…。


加えてこのアルバムから、マーク・ボランと決別したトニー・ヴィスコンティが復帰。
全曲のミキシングに加え、「1984」ではカーティス・メイフィールドばりの
ストリングズアレンジで、さすがの仕事人ぶりを発揮しています。

--------------------------------------------------------------------------------

そして、(早くもライヴ引退宣言を撤回しての)ワールドツアーで
いよいよソウル路線にドップリ突き進んでいったボウイは
アメリカ・フィラデルフィア録音の、アメリカのセッションミュージシャンによる
アメリカのマーケットのためのニューアルバムを録音するに至ります。

 YOUNG AMERICANS (75)
 
produced by David Bowie, Tony Visconti
 & Harry Maslin


 アメリカ本場仕込みのソウルフルな8thアルバム。プ
 ロデューサーとしても復帰したトニー・ヴィスコンティ
 に加え、フィリーソウル畑のハリー・マスリンが共同プ
 ロデュース。さらにデヴィッド・サンボーン(sax)、カ
 ルロス・アロマー(g)、ルーサー・ヴァンドロス(vo)
 らが参加。そして何といっても目玉なのは、ジョン・レ
 ノンとの共演曲「Fame」。


 ジョン・レノンとの共演シングル「Fame」で
 ボウイは初の全米No.1を獲得。
 アルバムも初のトップ10ヒットとなり
 念願のアメリカ進出を実現します。

 STATION TO STATION (76)
 
produced by David Bowie & Harry Maslin

 前作に続くソウルアルバム第2弾!の9thアルバム。
 前作が(一部で揶揄されたような)うわべだけを真似
 た「プラスティックソウル」だとするなら、今作はその
 プラスティックの容器に血と肉を注入した「フィジカル
 ソウル」とも言うべき、筋肉が引き締まったソウル作
 品。


--------------------------------------------------------------------------------

(ジギー以降の)ボウイのチャートアクションを見ると
本国イギリスでは、昔も今も(ほぼ)常にトップ10ヒットを維持しているのに対し
アメリカチャートでトップ10入りしたアルバムはというと、意外にもこの4作品のみ。

DIAMOND DOGS (US#5/UK#1)
YOUNG AMERICANS (US#9/UK#2)
STATION TO STATION (US#3/UK#5)
LET’S DANCE (US#4/UK#1)


とはいえ、うち3作品がこの時期の作品だったわけで
ボウイの当初の目論見は見事成功したといえます。
後の『LET'S DANCE』のときもそうだけど、ボウイにとって
「アメリカでの成功=黒人音楽」という黄金律があったのかもしれません…。

ただ、その代償なのか…ボウイはアメリカでドラッグ中毒をますます悪化させてしまい
さすがにマズイと思ったのか、そのリハビリも兼ねて、ベルリンに引きこもってしまいます…。

--------------------------------------------------------------------------------

 ちなみに、せっかくプロデューサー復帰したヴィスコンティですが
 『YOUNG AMERICAN』ではマスリンとの共同プロデュース
 『STATION〜』ではマスリン単独のプロデュースという憂き目に…
 当時のソウル路線を鑑みると、ハリー・マスリンのほうが
 よりそのニーズにフィットしたということなんだと思いますが…

ボウイ人脈において最重要人物といわれるトニー・ヴィスコンティが
ボウイとの最強タッグで本領を発揮するのは、次回作以降ということになります。
| ***David Bowie | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
ボウイ特集 最高です!!
ベルリン三部作突入でめちゃめちゃ盛り上がってきましたね
本当にこの頃のボウイは最強でしたよね

またのちに登場するであろうHeathen、Realityは近作でとても好きなアルバムなんでtkさんはどう評価しておられるのか興味があります。


ちなみにこの人の特集を!はLou Reed、 Iggy Pop、kraftwerk、Conny Plank 、ENO、japan、
後はRadioheadとNine Inch Nailsとかいいですね…
好きなミュージシャンってきりがないですからね〜

地蔵祭りの我がままを聞いてくださるtkさんは偉大です
| 地蔵祭り | 2007/10/22 8:11 PM |

地蔵祭りさん、同学年じゃないですか!!

ボウイの「ベルリン三部作」編、アップしました
(完全に読まれていましたが…)。
ちなみに当初の予定では、ボウイ特集は
あと2,3回続くので、もう少しお付き合いを…。

また、この人の特集を!といったプレゼンもお待ちしています。
| tkst | 2007/10/22 1:09 AM |

ボクも「戦メリ→レッツ・ダンス→過去のアルバム」でした。
教授、武狙いで見た 戦メリでボウイを知りLET’S DANCE を聞いてさらにはまり 
アナログ盤の70年代のアルバムを聞いていったのがボウイ歴の始まりです

次のボウイ特集は LOW,HEROESあたりでしょうか?
特に好きなアルバムの時期なので楽しみにしています
ちなみに僕の生まれは46年の2月です




| 地蔵祭り | 2007/10/21 7:15 AM |










http://tkst1221.jugem.jp/trackback/308

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ