真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< 麺屋しくぅはっく [函館] | main | VAN HALEN × DAVID LEE ROTH >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Herbie Hancock / Head Hunters
コレ、久々に引っ張り出して聴きました…やっぱり傑作です。

HEAD HUNTERS /HERBIE HANCOCK (73)
Chameleon / Watermelon Man / Sly / Vein Melter




それまでのストレートアヘッドなジャズからガラリと路線変更した、ハービー・ハンコックの超名盤ファンクアルバム『HEAD HUNTERS』(73)。ベニー・モウビン(sax)、ポール・ジャクソン(b)、ハーヴィー・メイソン(ds)、ビル・サマーズ(perc)を従え、アフロビートを大胆に導入したこのファンクグルーヴアルバムは、ポップチャート最高13位、プラチナディスク獲得という大ヒットを記録。
その後、ハーヴィーに代わりマイク・クラーク(ds)を迎え、続編的アルバム『THRUST』(74)・『MAN-CHILD』(75)を発表。さらにこのラインナップで行われたジャパンツアーを収録したライヴアルバム『FLOOD』(75)も発表。日本のみのリリースでしたが、「洪水」というタイトルそのまんまの怒涛の演奏で…凄すぎです。

 THRUST /HERBIE HANCOCK (74)
 Palm Grease / Actual Proof / Butterfly / Spank-A-Lee

 FLOOD /HERBIE HANCOCK (75)
 Maiden Voyage / Actual Proof / Spank-A-Lee / Watermelon Man
 / Butterfly / Chameleon / Hang Up Your Hang Ups


 MAN-CHILD /HERBIE HANCOCK (75)
 Hang Up Your Hang Ups / Sun Touch / Traitor / Bubbles
 / Steppin' in It / Heartbeat


こうして流麗なジャズピアニストとしてでなく、ファンキーなグルーヴマスターとしても不動の地位を築いたハービーは、以降現在に至るまで、従来のジャズ路線とファンク/ポップ路線を両立した活動を続けていくことになります。

一方、メンバーにとっては、自分たちのグルーヴをハービーにまんま取り込まれてしまった感も少なからずあったようで…75年にハービーから独立、「ザ・ヘッドハンターズ」として活動を開始。しかし、ハービーの織り成すコードワークと、メンバーの黒いグルーヴあっての『HEAD HUNTERS』だっただけに、ハービーのいないフツーのファンクバンド=ザ・ヘッドハンターズは、結局自然消滅してしまいます。

 SURVIVAL OF THE FITTEST /THE HEADHUNTERS (76)
 God Make Me Funky / Mugic / Here and Now / Daffy's
 Dance / Rima / If You've Got It, You'll Get It


 
STRAIGHT TO THE GATE /THE HEADHUNTERS (78)
 Straight from the Gate / Mayonnaise / Ms. Yum Yum / Don't Kill
 Your Feelings / Descending Azzizziuh (The Beginning of a
 Dream) / I Remember I Made You Cry / Pork Soda / Dreams
/ Silhouette


そして98年、約20年ぶりにオリジナルメンバーによりザ・ヘッドハンターズがリユニオン、しかもハービーをゲストに迎え『RETURN OF THE HEADHUNTERS!』(98)を発表。辛口評価の多かったこのアルバムですが、個人的には聴きまくりましたね。このアップトゥデイトなヘッドハンターズも悪くないです。さらに03年には「ヘッドハンターズにはこの3人がいればOK」と、ポール・ジャクソン(b)、マイク・クラーク(ds)、ビル・サマーズ(perc)によるリユニオン第2弾アルバム『EVOLUTION REVOLUTION』(03)もリリースされました。

 RETURN OF THE HEADHUNTERS! / THE HEADHUNTERS (98)
 Funk Hunter / Shank It / Watch Your Back / Frankie and Kevin
 / Premonition / Tip Toe / Two But Not Two / PP Head
 / Kwanzaa / 6/8-7/8

 EVOLUTION REVOLUTION /THE HEADHUNTERS (03)
 Hindewhu for you / Slick it / God made me funky
 / Headhunting / BPM / Everything / Loft funk / On the shores of
 amore / Take no prizzonerz / Gotta be strong / Woody Shaw
/ Fonkyfried (If the bluenotes don't gitcha) / Martell on the rocks / Nutcracker
/ Yekola / Evolution revolution


--------------------------------------------------------------------------------

暑い暑い日々が続いていますが…これら「ヘッドハンターズ」絡みのアルバムを一気に聴くと、真夏日にアツアツの鍋を食べるような心地よさがあって、案外イイです。
| overseas G, H, I | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - | - | pookmark |









http://tkst1221.jugem.jp/trackback/260

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ