真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< 犬神家の一族 | main | 2006年のアルバム5枚〜邦楽編〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006年のアルバム5枚〜洋楽編〜
 2006年ももうすぐ終わり、ということで…今年リリースさ
 れたアルバムの中から、特にグッときた作品を一挙紹
 介!昔は音楽に関してはかなりの雑食でしたが、最近は
 偏食気味で、どうしてもベテラン作品とか昔の作品のリマ
 スター/リミックスに好みが偏ってしまうのですが…まぁ、それはそれ。ということで、独断と偏見で選んだ「2006年のアルバム5枚〜洋楽編〜」
--------------------------------------------------------------------------------
第5位 SIMPLY RED 『SIMPLIFIED』 (2/8)
 イギリスを代表するブルー・アイド・ソウル・シンガー=ミック・ハックネル率いる”シン
 プリー・レッド”の、ボッサでジャジーなセルフ・カヴァー・アルバム。渋すぎです。
--------------------------------------------------------------------------------
第4位 ELVIS COSTELLO & ALLEN TOUSSAINT
 『THE RIVER IN REVERSE』
(6/6)
 ポール・マッカートニー、バート・バカラックなどなど…ベテランとの共演が続くエルヴ
 ィス・コステロが放つ、ニューオーリンズ・ファンクの重鎮=アラン・トゥーサンとの共演アルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
第3位 BURT BACHARACH 『AT THIS TIME』 (2/22)
 そのコステロも参加した、アメリカのポピュラー界を代表する作曲家=バート・バカラ
 ックの28年ぶりとなるソロ・アルバム。コステロ参加の「Who Are These
 People?」は、感涙の一言に尽きます。
--------------------------------------------------------------------------------
第2位 SLY & THE FAMILY STONE
 『DIFFERENT STROKES BY DIFFERENT FOLKS』
(2/22)
 ファンク・マスター=スライ・ストーンの過去の音源に演奏を被せリミックスを施した、
 豪華アーティストによるトリビュート・アルバム。何といってもスティーヴン・タイラー(エアロスミス)とのデュエット「I WANT TO TAKE YOU HIGHER」(プロデュースはナイル・ロジャース!)がカッコよすぎ。
--------------------------------------------------------------------------------
第1位 THE BEATLES 『LOVE』(11/20)
 1位はコレ以外に考えられないでしょう。来年はじめにはこういった「今年
 のベストアルバムは…」といった企画がいろんな音楽雑誌なんかで特集さ
 れると思いますが、絶対みんなこのアルバムを挙げるにちがいない。内容
 については、このブログでやたら書きまくっているので…省略。
--------------------------------------------------------------------------------
| (overseas various) | 01:11 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:11 | - | - | pookmark |

+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ