真夜中のブログ。

MIDNIGHT BLOG http://tkst1221.jugem.jp/
<< プーチン大統領 | main | ジョン・レノン JOHN LENNON #3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ジョン・レノン JOHN LENNON #2


 Part 2
 
JOHN LENNON 1972-1975

---------

71年にアメリカに移住して以来、反戦活動を展開してきたジョンでしたが、当時のニクソン政権はその影響力に強い脅威を感じ、FBIに徹底的にマークさせ、国外退去まで命じます。政治的プレッシャーに悩み、ドラッグ/アルコールに溺れる自堕落なジョンに対し、ヨーコは別居を決意(愛のムチですね)。そしてジョンは、自由奔放な単身生活を経てヨーコの大切さを思い知り、再び一緒に暮らし始めますそして子宝に恵まれたジョンは76年、ハウスハズバンドとして育児に専念するため音楽活動を休止……アメリカでのジョン・レノンの活動は、まさに波乱万丈の一言に尽きます。

---------



 Some Time In New York City

 John & Yoko / Plastic Ono Band

 1972年6月発表 [米48位/英11位]


Woman Is The Nigger Of The World / Sisters O Sisters / Attica State / Born In A Prison / New York City / Sunday Bloody Sunday / The Luck Of The Irish / John Sinclair / Angela / We’re All Water / Cold Turkey (live) / Don’t Worry Kyoko (live) / Well (Baby Please Don’t Go) (live)
[bonus track] Listen, The Snow Is Falling / Happy Xmas (War Is Over)

反戦活動に傾倒したことで、政治的プレッシャーを強いられていた時期だけに、キャリア中最も反体制的でラディカルな作品となった異色の3rdアルバム。ジャケットにはニクソンと毛沢東の裸踊りコラージュ写真も(こんなことするからマークされるんだって)。個人的には、ヨーコサンの曲はニューウェイヴを先取りしていて嫌いじゃないんですが、こうしてジョンの曲と並べて聴かされると嫌悪感しか残りません(スイマセン)それは『Double Fantasy』も同様なんですが。ボーナストラックとして、アメリカでの初レコーディングとなった名曲「Happy Xmas」を収録。



 Mind Games / John Lennon
 1973年11月発表 [米9位(ゴールド)/英13位(ゴールド)]



Mind Games / Tight A$ / Aisumasen (I'm Sorry) / One Day (At A Time) / Bring On The Lucie (Freda Peeple) / Nutopian International Anthem / Intuition / Out Of The Blue / Only People / I Know (I Know) / You Are Here / Meat City
[bonus track] Aisumasen (I'm Sorry) (home version) / Bring On The Lucie (Freda Peeple) (home version) / Meat City (home version)

「躁病的政治狂いから、再びミュージシャンに戻るための中間的レコード」(byジョン)と言える、まさに過渡期にリリースされた4thアルバム。ゴードン・エドワーズ(b)/ジム・ケルトナー(b)/マイケル・ブレッカー(sax)など、アメリカの一流セッションミュージシャンを迎えた、洗練されたアレンジによるAOR的な作品




 Walls And Bridges
/ John Lennon

 1974年10月発表 [米1位(ゴールド)/英6位(シルヴァー)]



Going Down On Love / Whatever Gets You Thru The Night / Old Dirt Road / What You Got / Bless You / Scared / #9 Dream / Surprise Surprise / Steel And Glass / Beef Jerky / Ya Ya
[bonus track] Whatever Gets You Thru The Night (live with Elton John) / Nobody Loves You (When You’re Down And Out) (Alternate Version) / John Interview with Bob Mercer

ヨーコとの別居時期に製作された5thアルバム。単身生活の自由奔放さを反映したかのような軽快なナンバーと、ヨーコへの未練を反映したかのようなメロディアスなバラードが交錯前作以上にまとまりをみせる演奏の充実ぶり含め、個人的にはコレがジョンのベストアルバム 初の米No.1となったエルトン・ジョンとの共演曲「Whatever Gets You Thru The Night」を収録、アルバムも『Imagine』以来のヒットを記録



 Rock'n'Roll / John Lennon
 1975年2月発表 [米9位(ゴールド)/英13位(ゴールド)]



Be-Bop-A-Lula / Stand By Me / Medley: Rip It Up〜Ready Teddy / You Can’t Catch Me / Ain’t That A Shame / Do You Wanna Dance / Sweet Little Sixteen / Slippin’ And Slidin’ / Peggy Sue / Medley: Bring It On Home〜Send Me Some Lovin’ / Bony Moronie / Ya Ya / Just Because
[bonus track] Angel Baby / To Know Her Is To Love Her / Since My Baby Left Me / Just Because (Reprise)

ビートルズ「Come Together」の盗作訴訟、プロデューサー=フィル・スペクターがマスターテープを持ち去り失踪、といったアルバム製作過程での数々のゴシップはさておきジョンのロック魂炸裂の、原点回帰なロックンロールカヴァー集もはやベン・E・キングの原曲以上に有名になった「Stand By Me」を収録。

---------

こうしてキャリアを俯瞰してみると、ジョンの音楽性って実はあんまり変わっていない。大雑把に言うと、『Imagine』まではザックリしたソフトロック、『Mind Games』以降は洗練されたポップス…という感じかなぁ。もちろん楽曲単位で見ると結構ヴァラエティなんだけど、より多面的なポールの音楽性と比べて一本筋が通ってる。ジョンの一途なキャラからくる印象かもしれませんが、まさにNothing’s gonna change my world (「Across The Universe」)を地で行ってるような…
| ***John Lennon | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |










+ SPONSORED LINKS
厳選した人材紹介会社3社をご紹介!看護師の求人【ナース・ベア】申込促進プ ロモーション キャバクラの求人をお探しの方【体験!ガールズバイト】 アルバイト キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Yahoo!トピックス
FX 比較
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ COUNTER
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ